2015年11月24日火曜日

海苔を入れたがる

たまにラーメン屋で、丼に大きな海苔が刺さって出て来る事があります。
その海苔に店名や名言が書かれていたりして、なんとなく派手に見えるというか、勢い的なものを感じます。
ところがいざそれを食べるとなると、非常に食べ辛いのです。
仮にそのラーメンが、海苔を入れる事で完成する味付けであればまだ理解できるのです。
ところが、ほとんどのラーメン屋では味付け目的では使用してないのです。
ただの飾りなのです。
仮に、もしも味付けとするのならば、あんな大きな1枚ものの海苔を使用せず、刻み海苔を使用するはずです。
刻み海苔ならば理解できるのです。
はっきり言ってあんな大きな海苔は迷惑です。邪魔です。
抜き取って破り捨てたい衝動にかられます。
海苔は1枚なので、何口か食べるうちの、たった1回だけ海苔の味になります。そんな1回いらないのです。
さらにそれだけでなく、安い海苔で少しでも豪華に見せようとする店主のセコさが見え隠れし、非常に腹立たしく思えます。
ごくまれに、ラーメン屋で誕生会をやってくれる客がいて、その人のためだけに海苔におめでとうと書いて出す程度ならまだ許せます。
それ以外で、あんな海苔1枚に頼るようなやり方は辞めていただきたいものです。
しかも丼の向こう側にドーンと立てたりして、あんなもの子供の頃の弁当の蓋で弁当を隠して食っていた根暗なヤツを思い出させるだけのものでしかありません。
どうせなら海苔に四コマ漫画が書かれていたり、連載物の小説などが書いてあれば、食べながら読むことも出来、暇つぶしにぐらいにはなるでしょう。
そんな気の利いた演出すらできないのであれば、即刻やめていただきたいものです。

先日、三重県のとある田舎町で、たまたま通りかかって入ったラーメン屋での出来事です。
メニューを見ていると、トッピングメニューの中に、海苔という表記を見つけました。
は?海苔?海苔をトッピングする奴なんかおらんやろ実際問題。
そう思っていると、隣に座った男性が海苔トッピングを注文したのです。
するんかいっっ!!!
そして隣に出てきたラーメンは、麺が見えないほどの海苔で覆われていました。
それを美味しそうに食べる姿を見ながら、世の中には色んな人がおんねんなと、つくづく思うのでした。
案外ニーズあんねんね海苔。

0 件のコメント:

コメントを投稿