2012年2月22日水曜日

恋愛相談 50代男性編 【実践編】

すっかりファッションリーダーと化した50代男性の恋愛相談ですが、外見ばかり磨いても結局は何の進歩もありませんでした。
いや外見を変化させる事で、自分に自信がつき、少しは良い方向へ進むのではないかという私の考えが甘かったのかもわかりません。
もっと本質の部分を強化しなければならない、そんな思いから、今回は実践トレーニングを交えての体験型恋愛相談というスタイルをとってみました。

私 「最近どないですの」
彼 「なーんもええことないわ、だーれも声かけてくれへんし」
私 「まだ逆ナン待ちしてますん」
彼 「せやけど僕が声かけたかて「なんやこのオッサン」ゆわれるだけやで」
私 「どんな事言おうおもてますん、まずは挨拶だけでもええやんか」
彼 「挨拶しても次が続かんがな次が」
私 「とりあえずは相手を褒めたらええんやんか、髪型でも服でも」
彼 「僕人を褒めたりようせんわ」
私 「なんやて?見たまま言うだけやん」
彼 「人を褒めるようなキャラちゃうもん」
私 「なんのキャラですの、そーゆーたら俺の事も褒めたことないよな実際問題」
彼 「僕それだけは苦手やねん」

50年以上生きてきて、まともに人を褒めた事がないというから驚きです。
そもそも彼は企業のオーナーですから、沢山の社員をかかえています。
社員をさえ褒めた事がないなんて、社長として失格ではないでしょうか。
とりあえず人を褒める練習が必要であると判断し、2人の行きつけのカフェーにて、20代女子スタッフに練習台になってもらう事にしました。
5人いる女子スタッフを順番に我々のテーブル席に呼びつけ、私の見守る中、彼女たちを褒めてもらうという方法です。
彼女たちには、理由は告げていません。

1人目の24歳の女子がやってきました。
彼女はモデルのようにスラッと背が高く、誰もが振り返るほどの美人です。
ここでは名前をEちゃんとしましょう。

E 「どーしたんですか?」
私 (彼のほうを注目)
彼 「、、、、(彼女と俺をチラチラ)」
E 「????」
私 「はよ言いーな」
彼 「せやかて何をゆーたらええんよ」
私 「何ていっぱいあるがな」
彼 「、、、、(彼女と俺をチラチラ)」
私 「何をしとんねや」
E 「なんですかぁ?」
私 「ええわええわ、ごめ。ごめ。ありがとうな」

彼女は不思議そうに帰っていきました。

私 「何をやってるんすか」
彼 「せやかてそなもん急に褒められるわけないやんか」
私 「ほならいつやったら褒めれんねん」

2人目の21歳の女子がやってきました。
彼女はボーイッシュな感じのショートヘアの似合う美人です。
ここでは名前をYちゃんとしましょう。

Y 「こんにちわお久しぶりです」
私 (彼のほうをガン見)
彼 「、、、、(彼女と俺をチラチラ)」
E 「何かありました?」
彼 「、、、、(彼女と俺をチラチラ)」
私 「はよ言いーな」
彼 「せやかて何をゆーたらええんよ」
私 「何ていっぱいあるがな」
彼 「、、、、(彼女と俺をチラチラ)」
私 「何をしとんねや」
E 「なんですか?」
私 「ええわええわ、ごめ。ごめ。ありがとうな」

結局その後の3人にも、彼は全く同じ対応をし、このトレーニングは終了しました。
彼女たちには後で事情を説明し謝罪いたしました。
事情を理解した彼女たちはその後、いかに褒めてもらう事が嬉しいか、またどんな些細な事でも気付いて、さりげなく褒めてくれる人の事は、やはり印象に残るものであるという話を直接してくれました。
しかし彼は「なかなか簡単にはできないと」言うばかりでした。
最後レジでも同様の課題を与え、後方から見守っていましたが、結果は同じ。
結局この日彼は、誰一人褒める事ができなかったのです。

それから一週間後、彼と会った時の事です。

彼 「そのネクタイええやんか」
私 「おっ!!褒めとるし」
彼 「えへへへ」
私 「ええがなええがな、それでええがな」
彼 「せやけどちょっと色がアカンわ」
私 「ほっといてくれ!」
彼 「そのスーツにその色のネクタイは合わへん」
私 「ただのファッションにうるさいオッサンやん」

しかし、あれから彼は「常に人を褒める」という意識を持って過ごしているようです。
まだまだ恥ずかしそうではありますが、女子に対しても褒め言葉が言えるようになったと言います。
一歩ずつですが、確実に彼は進化しつつあります。
今後も彼の変化に目が離せません。

■前回までの恋愛相談
恋愛相談 50代男性編 【続編】
恋愛相談 50代男性編
恋愛相談 20代女子編

2012年2月19日日曜日

お客様はカミサマ

お客様は神様です。
その思いが日本の商売の基本になっていて、世界的に見ても日本のお店の接客は素晴らしいと言われる所以となっているのだと思います。
客はお金を払うのだからお店にとっては神様、お金を払う客がいないとお店はやっていけません。
しかしお店はお金を受け取るかわりに商品やサービスを提供します。
客はその商品やサービスを欲しいからお金を払います。
ということはこの関係は50/50(フィフティフィフティ)ではないでしょうか?
お店側が客を神様と思う事は大切です。感謝の気持ちを忘れてはいけません。
しかし客の自分が神様だと思ってはいけないのです。
客も商品やサービスを提供してくれるお店に感謝しないといけないのです。
お互いが感謝しなければならない関係なのです。
(この場合、商品やサービスに他にはない魅力があるという根拠が必要ですが)
(根拠に関してはまた次回触れます)

意味も無くお店や業者などにえらそうに言う人がいます。
自分がお金を払う立場の場合は、自身を神様だと思っている人です。
コンビにでもガソリンスタンドでも飲食店でも、店員には完全に上から目線で言葉を発します。
相手がペコペコしてきたら余計に調子に乗ってえらそーな口をきくのです。
そんな人に限って自分よりも目上の人(上司など)にはペコペコなのです。
俗に言うクソです。クソのような人間です。チンカスとも言います。
私の周囲で何人か、そういう部類の客(以後クソと呼ぶ)を「二度と来るな」と追い返す気持ちのいい飲食店の店主がいます。
クソは追い返されて当然だと思います。
しかし最近は、そんなクソがネットを使って自分を正当化し、飲食店を誹謗中傷するという事案が増えてきました。
多くの人の目に触れるネットで誹謗中傷した場合、お店は多くの損害を蒙ります。
お店側は完全に被害者となります。
そうなった場合、被害をこれ以上受けないために、クソに対しても我慢してペコペコしなければならなくなるわけです。
飲食店以外の商売の場合は、ここまでの被害はないでしょうが、いずれにしてもクソが絶滅しない限り、なかなか50/50(フィフティフィフティ)の関係と言える時代は来ないように思うのです。

2012年2月16日木曜日

分割食べ

誰もが1度は経験してるという分割食べ。
ただ単に食べるだけの食事ではなく、食べるという動作にも楽しみを見出すことのできる画期的な食し方として分割食べは存在します。

なんといっても基本の分割食べはアポロです。

口の中にほりこんで、イチゴチョコとチョコをキレイに歯で割っていただきます。
なぜ分割するのか、それはわかりません。
幼少期、誰から教えられたわけでもなく、誰もが本能的にアポロはこう食していたはずです。
これはきっと私たち人間の本能なのかも知れません。
ただ、ほとんどの人が分割後そのまま食べてしまいますので、こういう風に一旦外へ取り出すことがありません。
取り出すことで、どれくらいキレイに分割されたかがわかりますので、みなさんも一度取り出して切り口などを目視してみてください。

※アポロも種類によって分割できないものもあります。ご注意下さい。




ミルクレープ分割食べ。

比較的誰もが経験しているといえばこのミルクレープの分割食べ。
1枚1枚丁寧にはぎとり食します。
ある意味、はがしたい真理を抑え、一気に縦に切断し食べるのがミルクレープの醍醐味なのですが、やはり人の本能であるこの分割食べは、チロルに続く分割食べの横道なのではないでしょうか。












ポッキーの分割食べ。(正式には分割舐め)

ポッキーはチョコレートの部分だけをキレイに舐めてプリッツ化します。
全てプリッツ化したものを丁寧に箱に戻し、それに気付かぬ誰かがプリッツだと思い食べたら上級者といえます。
丁寧に時間をかけて舐めないと、傷がついたり折れたりと、非常に繊細な作業となります。
また、時間をかけすぎたり強く舐めすぎると、本体が溶けてキレイなプリッツが完成しません。
作業中は、口の周辺に非常に多くのチョコが付着する事が想定されます。
なるべく誰も見ていない場所で分割舐めする方が、良いと思います。







チロルチョコレート分割食べ。(正式には分割舐め)

チロルの分割食べも定番中の定番ですね。
噛みたいという心理を極限まで抑え、最後まで舐めきる忍耐力が必要です。
チロルの場合、写真ようなゼリー状の物の他に、クッキータイプも存在します。
クッキータイプは上記のポッキーと同様に、舐めすぎると溶けるという性質がありますので、より繊細で丁寧な作業となります。
クッキータイプの方が上級者といえるでしょう。











カプリコ分割食べ。

カプリコは周囲の部分をキレイに食べきる事で分割食べが完了します。
写真の通り、最後失敗し折れてしまいました。
舐めるのではなく前歯で少しずつ削り取るという方法ですので、これはこれで非常に高度なレベルを要求される分割食べといえます。
カプリコに関しては、再度リベンジしたいと思います。












小枝分割食べ。(正式には分割舐め)

小枝の抹茶タイプを分割食べしました。
正直満足のいく分割食べとはなりませんでしたが、何事もチャレンジ精神が必要です。
小枝のように初めから難航することが予測されるものほど、後の達成感を夢見て燃え上がるのではないでしょうか。














LOOK分割食べ。(正式には分割舐め)

これはかなりの上級者向けの分割食べです。
LOOKの中身はクリーム状です。
かなり慎重に作業をすすめないとすぐに溶けてしまいます。
しかし完成したときには最高の達成感が味わえます。
そして自身が分割食べの上級者であることの満足感が得られるのです。
この写真を見ていただいてもお解かりのように、決して完璧な分割とはいえない形状となってしまっています。
私自身、このLOOKでまだまだ未熟者である事を自覚いたしました。







キットカット分割食べ。

これまでの前歯で削る作業と舌で舐めきる作業の両方のテクニックを使用して完成するキットカットの分割食べ。
単純に舐めているだけでは中のウエハースがすぐに溶けてしまいます。
さらに手で持った部分のチョコがすぐ溶け始めますので、非常に慎重に作業をすすめないと完成しません。
写真のように、これも私自身が非常に多く事を学べる分割食べとなりました。










シュークリーム分割食べ。

シュークリームが好きすぎて、しかもカスタードクリームが好きすぎて、幼少期はいつもシューだけを先に食べ切り、最後にクリームを一気に食べるという方法をとっていました。
当時はまさかこれが分割食べだとは思ってもいませんでしたが、今考えれば立派な分割食べです。
やはり人は本能的に分割食べを行っているのでしょうね。
しかし底の部分のシューに関しては、手で持って食べるという性質上、どうしても残さないといけません。
それだけがどうしても満足できない部分でもあるのです。







バウムクーヘン分割食べ。

簡単なようで非常に難しいのがバウムクーヘンです。
これまでに何度と無く様々なバウムにチャレンジしてまいりましたが、どれひとつ成功せず、半ば諦めかけていた時に、原宿のバウムマニア仲間から教えていただいたこのカーべカイザーのバウムでなんとか5割は達成したという写真です。
少しずつ少しずつ、前歯で外側から食べて行きます。
ここまでに何分の時間を要したでしょうか。
人並みはずれた精神力や忍耐力が必要となります。








天津飯分割食べ。(正式には半分食べ)

これは番外編ともいえるのですが、天津飯やオムライス、チャーハン、カレーなどは何故かキレーに半分を食べてから全てを完食してしまうのです。
これはカップタイプのアイスクリームでも同じ。
私自身、一体なぜそうしてしまうのか、正直わかりません。
これもきっと人間の本能なのでしょう。
半分食べというカテゴリーで考えていましたが、これも分割食べの一種ではないかという声を元に、分割食べの番外編として位置づけています。










このように様々な分割食べを紹介してまいりましたが、あくまでもこれは私個人の特別な心理ではなく、ほとんどの人の心の奥底に眠る深層心理であるという事です。
実際に2006年に作成したmixi内の分割食べのコミュニティでは、非常に多くの方々から賛同をいただいています。
これからも様々な分割食べにチャレンジしてまいりたいと思います。
では失礼します。

※一部お見苦しい写真、また写真データが古い等の見ずらい画像お許し下さい。

2012年2月6日月曜日

初夢

普段から眠りが深いせいか、夢を見る事なんてもう何年も無かったのですが
(いや現実には見ているのかもしれませんが覚えていません)
今年明けて2度も見てしまいました。
しかも1月1日と2日連夜で。いわゆる今年の初夢です。
1日は今年入ってから連絡が取れなくなった女性の夢。
2日は今年入ってから連絡が取れなくなった男性の夢。
その後ピターッと夢は見ておりません。
ちゅーか見た時点では音信不通になったと自覚しておりませんでしたので、今思えば何かのお告げだったのでしょうか。
毎日胸が痛いです。