2014年6月25日水曜日

PMS

女性には生理というものがあります。
出産するための、重要なものです。
これがないと、人間は子孫繁栄ができないわけですから。
ところが、それはそれはとても厄介なものだというのです。
小学生の頃、クラスの男子だけが教室を追い出されました。
男子は皆、それに対して疑問視せず、無邪気に校庭でドッヂボールを楽しんだのです。
休み時間、女子の中でも、少しマセたリーダー的な子が寄ってきて、こちらから聞いてもないのに、詳しく生理について教えてくれた事を思いだします。
この生理というものに対して、男性はあまり詳しい事を知りません。
・血が出る。
・それが1週間続く。
・2日目は多い。
・お腹が痛くなる人がいる。
・臭う。
・身体がだるくなる人もいる。
・28日周期で起きる。
ぐらいなものでしょうか。
会社でも生理休暇というものがあるぐらいですから、なかなかしんどいものだという認識ぐらいはあると思います。
ところが、実はもっと重要な、我々男性が知っておかなければならない事があるのです。
それがホルモンバランスが崩れるという事です。
ホルモンバランスが崩れると、様々な弊害が起きてきます。
更年期障害が最もわかりやすいと思いますが、温厚な人でもイライラして人に当たったり、被害妄想となったり、些細な事でキレたり、泣いたりしてしまいます。
これは本人の意思ではなく、ホルモンバランスが崩れた事で、起きてしまう症状なのです。
更年期障害でなくても、女性は毎月、必ず生理前になると、1週間程度はホルモンバランスが崩れ、正常な判断が出来なくなったり、イライラして八当たりしたり、普段なら考えもしない発言をして人を傷つけてしまったりしてしまうものなのです。
これをPMS(月径前症候群)といいます。
PMSの症状には個人差があり、その症例は200~300とも言われています。
代表的な症状としては以下のようなものがあります。

精神的症状の一例
・イライラしてすぐに怒る
・憂鬱になる
・眠れない
・理由もなく泣きたくなる
・仕事や勉強への根気がなくなる
・物忘れがひどい
・考えがまとまらない
・眠くなる、横になりたくなる
・孤独感、空虚感を感じる
・外出するのが億劫だ
・興奮状態になる
・人との付き合いを避けるようになる
・理由もなく不安感に苛まれる
・判断力が低下する
・疲労感
・集中力の低下、落ち着かない
・気持ちが散乱する
・怒りっぽくなる
・気が動揺する
・仕事や勉強の能力が低下する
・緊張しやすくなる

身体的症状の一例
・頭痛がする
・肩や首がこる
・吐き気がする
・下腹部が痛くなる
・肌が荒れる
・息苦しい
・めまいがする
・胸がしめつけられるような気がする
・腰が痛い
・冷や汗が出る
・顔が火照る
・胸が張る、乳房が痛む
・耳鳴りがする
・むくみ
・動悸がする
・手足がしびれる
・食べ物の好みが一時的に変わる
・動作がぎこちなくなる
・体重の増加
・過食になる
・皮膚のかゆみ

考えてみて下さい。
夫婦喧嘩や彼女と些細な事で喧嘩してしまったという人は、ほぼ女性側が、この状態の時なのではないでしょうか。
普段ならあり得ない優しい彼女も、この時ばかりは別人です。
それを理解しておかないと、こんなはずじゃなかったと、別れる原因にもなりかねません。
この事を胸に刻んで、この1週間をガマンして乗り切る事こそが、男性側ができる最大のフォローなのです。
生理の周期がキッチリしている女性の場合は、一度聞けばいつなのか計算できるはずです。
1年先ぐらいまで手帳へつけておきましょう。
予めわかっておいて、備えておいた方が良いのです。
備えておけば、喧嘩する事はないはずです。
また生理不順な人などは、毎回パートナーから早めに聞くしかありません。
但し、備えがないので、一度は喧嘩してしまう可能性があります。
喧嘩してはじめて、生理前である事に気付くというリスクが伴います。
なるべくならビタミンEのサプリメントなどを彼女に飲んでもらい、生理不順を治してあげる事が理想と言えます。
それで喧嘩せずに済むのであれば、サプリメントは毎月買ってあげても良いのではないでしょうか。
生理不順、生理痛、冷え性など、ビタミンEで簡単に克服できます。
また始めのうちは、ビタミンBも一緒に飲んでもらい、イライラ防止の策を打つのも一つの方法です。

団体旅と一人旅

一人旅は良いものです。
自分のペースで、自分の好きなところへ出かけ、自分の好きな物を見て、自分の好きな物を食べる。
そこで出会った人とは、自分の気の合う人とだけ会話し、会話の時間も自分の好きな時間で良いのですから。
誰かと出かけると、同行者のペースも考え、同行者と相談し、合意の元で、物を見て、物を食べてしなければなりません。
そこで出会った人とも、例え自分が気にいっていたとしても、同行者が気に入らないのなら、会話しずらくなります。
また会話の時間も、同行者から長いと指摘を受けるようであれば、もっと喋りたくてもやめなければなりません。
いずれにしても、誰かとの旅は、なかなか気を使わなければならず大変なものなのです。
これが複数となるともっと大変となります。
更にその複数のメンバーが、人間関係の出来ていない初対面などの関係だった場合だと、もうほぼ旅ではなく修業です。
そうなると、疲れるために旅をするようなものです。

しかし、最高に気の合う誰かとなら別です。
気が合うのですから、ストレスは一人旅とほぼかわりません。
更に悩んだ時の相談相手となったり、自分の知らない知識を知り得たり、一人旅ではあり得なかった会話による楽しさも生まれてきます。
更に、複数の場合でも、最高に気の合うメンバーばかりなら、それはそれはとても楽しい旅となるでしょう。
ひょっとすると、一人旅よりも数倍の楽しさがあるかも知れません。

しかし団体の場合は、いくら自分ととても気の合うメンバーだったとしても、誰かと誰かは合わないとか、誰かがいるなら行かない、誰かかいるから楽しくない等という個々の問題が起きる場合があります。
こちらとしては全員と仲が良いので、それぞれに仲良くしてもらう事が一番の喜びであり、それが幸せを感じるポイントとなるのですが、個々の問題が発生すると、もう全てを投げ捨てて、一人旅をした方がよっぽどマシだと思うようになってしまいます。
合わないのだから仕方ないと言われてしまえばそれまでなのですが、しかし本当に合わないのでしょうか。
本当に合わないと確信するほどに会話したのでしょうか。
パッと見で、誰かを嫌うのは簡単ですが、嫌う事で他の人にまで嫌な思いをさせてしまうのであれば、相手をもっと知ってみようと思わないのでしょうか。
友人なら、嫌な人を紹介などしません。
良い人だから紹介するのです。
その友人に紹介された人を、簡単に嫌うという行為は、紹介してくれた友人に対しても侮辱行為となることを理解しておかなければならないのです。
侮辱された友人は、もうあなたに誰も紹介はしなくなるでしょう。
せっかく紹介しても、相手をよく知ろうともせず嫌うのですから、紹介した自分が傷つくだけです。
やがて友人でもなくなってしまうでしょう。
他人となるわけです。
そしていつしか団体旅に疲れ果て、人を信じられなくなり、結局一人旅をするようになるのです。
一人旅は良いものです。
自分が楽しめればそれで良いのですから。
人を楽しませようと頑張る必要がないのですから。

メールが短い

eメールの文章が短いと文句を言ってくる人がいます。
しかし、ちょっとした内容なのに、長々と書いてくる人、指が疲れないのかと心配になります。
スマートだとは思えません。
クールではないのです。
長々と書く人はだいたい以下の種類に分類されます。
・ポエム的に独り言が多い人
・直球を使わず変化球ばかりを使用してくどくどと回りくどい書き方をする人
・何項目も一度に書いてくる人
・質問しておいて相手の意見を想像し、自分で回答までしてしまう人
・結論ではなく途中経過や心境を長々と書く人
いわゆるどれもスマートではありません。
クールではないのです。
食べログなどを見ていると、そのお店の事に無関係な、朝から何処へ行って何をしてみたいな、聞きたくもない自身のスケジュールを書いている人をよく見かけますが、それと似ています。
いわゆるスマートではないのです。
クールではないのです。
そして長々と長文を書く人達の殆どは、文章力がありません。
なのであまり長文のメールというものに、良い印象がない事もあって、極力メールは短文で返すようにしています。
勿論、必要な事項は書き込みますし、不要なものは省くというやり方ですので、相手にはこちらの言いたい事は伝わるはずなのです。
例えば、以下のようなビジネス用の返信をする場合、

「いつもお世話になっております。○○社の○○です。先日の件、了解致しました。
大変良い意見をいただきまして、有り難うございました。
早速実行してみますので、今後とも宜しくお願い致します。」

そして先方と徐々に人間関係が出来上がってくると、

「○○社の○○です。ありがとうございます。早速やってみます。」

もっと関係が深まると、

「りょーかい!」

最終的には、

「りょ」

となるわけです。
昔簡略化しすぎて「yes!」の「y」だけを返信していた頃がありましたが、さすがに短すぎるとのクレームを多く受け、せめて3文字「あい~」で統一しました。
「あい~」なら、何か陽気で楽しそうな印象なので、みんな機嫌よくなったのだと思います。
最近では「あはい、」「うほっ、」「えー」ぐらいでほとんどの会話が事足りています。
ところが、長文派の人達からは、全く支持されず、怒られてばかりいます。
怒られる理由は以下のようなものです。
・興味がなさそう。
・無関心、無感情。
・やる気がない。
以前、仕事の事でメールのやりとりをしている人から、私の文章が短すぎるので、やる気が全く感じられず、仕事を降りるという内容のメールが届きました。
しかし、返信する時点で、こちらは興味津々なのです。
興味がなければ、わざわざ返信なんてしません。
短文だから興味がないと決めつけるのはどうかと思います。
また逆に、長文だから興味津々でヤル気満々だというのもおかしな話です。
更に、「あはい、」「うほっ、」などと返すと、いちいち「そのうほっはどういう心境のうほっなん?」と聞いてくる人がいます。
まずこの質問がスマートではありません。
またその質問にいちいち答える事もスマートではないのです。
クールではないのです。
そんな質問が来た場合は、なるべくならスルーするようにしています。
重要視して欲しいのは、書き方ではなく、ちゃんと返事をしている事だという事なのです。

母の気持ち

殿のコラム「人は死ぬからね」
http://tono158.blogspot.jp/2010/07/blog-post_28.html
を読んだ読者様からお便りをいただきました。以下

息子はな、お腹に入ったと判った瞬間から存在そのものが親孝行やねん。
優しい言葉なんかいらんねん。
可愛くて可愛くて 生まれてから毎日生きて笑ってくれてたらそれだけでいいねん。
だから後悔なんかしたらあかん。今が元気なんが親孝行やで。
笑顔が、何よりの供養や。

涙が出ました。
そしてずっと後悔して生きてきた事から解放されたような、そんな気持ちになったのです。
母は偉大です。
無償の愛をくれるわけですから。
笑顔で生きていきます。
母上さま。一休

エスカレーター

以前にも書きましたが、日本では、関西だけがエスカレーターが世界基準で、右側立ちの左追越しとなっています。
これは元々日本流の左側立ちだったものを、大阪万博の際に、多くの外国からのお客様のために、エスカレーターを世界の国々と合わせようと矯正された事は広く知られています。
ところが、無知な関東人(関西人以外)は堂々と左側に突っ立っているから大変です。
左側から追い越そうと進んでも、無知な連中が左側に突っ立って、進路を塞いでいるのです。
そのせいで電車を乗り過ごし、商談に遅れたり、親の死に目に会えなかったという話はよく耳にします。
そもそも他の地域に来て、堂々と突っ立っているとは何事でしょうか。
外国へ行っても同じように突っ立っているのでしょうか。
まだ関西なので「どけやボケナス!ダボか!」と言われただけで済みますが、治安の悪い国ならとっくに射殺されています。
某国なら包丁で骨ごと切り刻まれてトイレに流されて終わりです。
それぐらいの事なのです。

2014年6月7日土曜日

飲料と数字の不可解な関係

なぜドリンクを飲むとき「ゴクッゴクッゴクッ」という音と同時に「1、2、3、」と数を数えてしまうのでしょうか。
私の場合、特に水分はチビチビ飲む事は少なく、殆どを一気にゴクゴクと飲み干してしまいます。
だからこそ余計にこの数字がつきまとうわけですが、皆さんは一体どうしているのでしょうか。
ゴクッゴクッゴクッゴクッ
1、2、3、4、5、6、
このゴクゴクを数えたところで、後でその数値を記録しているわけでもありませんし、牛乳なら10とか、ウーロン茶なら8などというように、飲料別に数値を記憶しているわけでもありません。
なので数える意味すら自分でわからないのです。
おそらくもう何年も何十年もこれはやり続けています。
おそらく物心ついて数字をおぼえた頃からやっているはずです。
そしてこの歳になってはじめて、その事に疑問を持ち、こうして発表しているわけです。
数を数えながら飲むのは私だけなのでしょうか。
皆様の意見をお待ちしております。

眼鏡

眼鏡をかけてみました。
もう何年も前に阿倍野近鉄で買った眼鏡です。
当時、自分に合う眼鏡を探し続けていた事もあって、様々な眼鏡を購入していました。
10年ぐらい前、ビビッとくる眼鏡と出会え、半年ぐらいは気に入ってかけてはいたのですが、どこかで無くしてしまったのです。
私はすぐに物をなくします。
これまでにも時計は何度となく、お気に入りのライターや指輪など、いくら気に入っていても、すぐになくしてしまうのです。
それから同じような眼鏡を探すのですが、なかなか同じものとは巡り会えず、結局は眼鏡をかけずに生きてきたのです。
そもそもメーカーから検索し、ショップを探せばすぐに見つかるものなのでしょうが、私の探し方はアナログです。
たまたま通りかかって見つけないと嫌なのです。
だから縁がないと巡り会えないわけです。
そんな時に、阿倍野近鉄でなんとなく気に入って買った眼鏡を、たまたま引き出しから見つけたのです。
そして何も考えずにかけてみました。
「えーやん」
当時はそこまで良いとは思わずに、引き出しに入れてしまった眼鏡だったのですが、なぜか今更ですが物凄く良いのです。
物凄くフィットしているのです。
「コラえーわ」
私はそうつぶやくと、この眼鏡をかけて街へ出る事にしました。
街へ出ると様々な友人知人と出くわします。
皆なんて言うでしょうか。
皆がなんて言うのかを想像しながら歩きます。

「いーやんメガネ!似合ってるやん」
「わぁ!メガネ!買ったん?」
「メガネかけることにしたの?」

だいたいこんなもんでしょう。
ほとんどの人がこう言うはずです。
そうこうしていると、1人目の友人にで出くわしました。
ところが彼は一切メガネの話題に触れる事なく、立ち去りました。
1時間以上喋ったのにです。
彼は何も思わないのでしょうか。
「まぁええわ、次や次!」
気にせず歩きはじめます。
すると2人目の友人と出くわしました。
彼もまたメガネの話題は一切しませんでした。
3人目、4人目、5人目、、
誰もメガネ事を言ってくれません。
日が暮れてきましたので、メガネを見せる旅は明日に持ち越しです。
結局この日は述べ14人の人と遭遇しましたが、メガネについて指摘した人はゼロでした。
「どないなっとんねん」

翌日、早朝からまた街を練り歩きます。
2日目は22人の人と出会いました。
この日もメガネについて指摘した人はゼロでした。

翌日は28人と出会い、指摘した人はゼロでした。

結局、一週間が経過し、述べ158人の人と出会いましたが、メガネの事を言った人はいませんでした。

皆なにも思わないのでしょうか。
それともそれだけ顔にフィットしてるから?
しかし私なら一番に指摘します。
そもそもヘアースタイルをかえても何も言わない人達なのです。
メガネをかけたぐらいでは、みんな何も言わないのでしょう。

そしてついにこの日がやってきたのです。メガネをかけてから10日目の出来事でした。

「あれ?メガネ変えた?」
「あはい、」

変えたのではなく、かけたのですが、私はそう答えました。
メガネを変えたように思うのなら、そう思っていただいていいんです。
いちいち、変えたのではなくかけたのですと、言い返す事すらナンセンスに感じます。
それよりも、これまで何も言わない人達にしか出会ってなかったので、この瞬間、長い長いトンネルから抜け出した時のように、パッと目の前が明るくなったように感じました。
そして、その友人と熱い握手をかわしたのです。

調査開始から1ヶ月が経過しました。
述べ786人の人と出会いました。
出会った人達の反応を以下にまとめてみました。

・メガネをかけた事を指摘した人 0人
・メガネを変えたと言った人 7人
・完全スルー 779人

結局はヘアスタイルと同様に、気付かない人が殆どという事です。
それが実情なのです。
いちいち人の顔なんて見てない人ばかりだという事なのです。
そしてメガネをかけていたとしても、それがいつからなのかもわからないし、ひょっとするとメガネをかける状態が、この人にとってデフォルトだったとしたらと考えると、いちい指摘していられないというのが本音でしょう。
しかし、もう何年も付き合いのある人で、頻繁に会っている人でさえも、殆どの人が指摘しなかった事が、今回の調査結果の一番の驚きでした。

フラッシュバック

シャワーを浴びている時、ふと鼻で息を吸ってしまい、鼻にお湯が入ってきました。
その時にフラッシュのように、あるシーンが浮かんだのです。
それは小学生の頃の水泳の時間でした。
プールに潜って遊んでいる時、鼻から水を吸ってしまった時の、あの水の匂いと、全く同じ匂いだったのです。
こういうフラッシュバックは、ちょくちょく起こります。
匂い、味、音楽、触感など、様々なきっかけで人はフラッシュバックを起こすのです。
特に懐かしい音楽を耳にした時は、完全に当時の様子が瞼に浮かんできます。
それは映像のみならず、その当時自身が感じていた感覚を思い出すわけです。
このフラッシュを利用すれば、どうしても思い出せない過去の出来事を、思い出す事ができるのではないでしょうか?
例えば、記憶しなければならない事案がある場合、何かを食べていたり、音楽を聴いていれば、いざ思い出す必要がある場合は、同じ味の物を食べたり、同じ音楽を聴けば簡単に思い出せるような気がします。
苦手な歴史の暗記も、このフラッシュバックを利用すれば、誰でも簡単にできるようになるのでははいでしょうか。
是非ウィドモア社で研究して欲しいものです。