2018年11月17日土曜日

納豆混ぜない派

この世の中には、納豆を混ぜない派が存在するというのです。
衝撃的でした。そんなの初めて聞きました。
納豆なんて、混ぜて完成だと思っていましたし、108回も混ぜませんが、それでも混ぜないと危ないぐらいに思っていました。
ちゃんとしっかり混ぜないと、腹痛くなるぐらいの感覚です。
だから混ぜずに食べるなんて、豚肉を生で食べるぐらいの衝撃だったわけです。
確かによくよく考えてみたら、ただ単に混ぜるだけで、火を通すわけでもありませんし、納豆そのものに何も変化はありません。
だから腹が痛くなるはずもないわけです。
でも何故だか何か抵抗があるから不思議です。

珈琲混ぜない派

友人の自宅で珈琲を出された時、珈琲カップにスプーンを入れて持って来られました。
何故スプーンを入れているのかと聞くと、皿がないからだと言います。
いや、そもそも皿があろうがなかろうが、珈琲にスプーンが必要なのでしょうか。
珈琲カップにスプーン差し込んで持ってこられても、ダサい上に邪魔です。
そんなの飲んでたら恥ずかしいです。
すると友人は、砂糖やミルクを混ぜるのに必要だと言うのです。
なるほど、私は砂糖もミルクも入れませんので、スプーンは必要ないという風に答えると、理解してくれました。
理解はしてくれましたが、スプーンを置く場所がないので邪魔なスプーンを入れたまま飲むこととなります。
しかしながら、もしも仮に私が砂糖やミルクを必要としていたとしても、スプーンで混ぜたりはしません。
入れて飲んでいるうちに溶けて混ざるからです。
コンビニなどのセルフ珈琲を入れて、後ろに客が並んでいるのに一生懸命グルグルグルグル混ぜている輩をたまに見かけますが、そんなに混ぜなくても溶けて混ざります。
グルグルグルグル、まるで納豆を108回混ぜているかのように、、
後ろから見ていて恥ずかしくなります、あれダサすぎます。

エスレーターの速度

ごくたまにめちゃめちゃ遅いエスカレーターに乗る事があります。
これまでに何度もエスカレーターには乗っていますので、遅いとすぐにわかります。
その度にイラッときます。
遅いエスカレーターを設置する理由は何なんでしょうか。
危ないから?
遅いから逆にイラッとして歩いたり走ったりする人が続出して逆に危険だと思います。
つい先日も、めちゃめちゃ遅いエスカレーターを駆け上がっていく人を見かけました。
駆け上がりたくなるぐらい遅いのですから仕方ありません。
作った人は、こんな事も想像できなかったのでしょうか。
世界的に見て、標準的なエスカレーターの速度は分速27〜30mらしいです。
日本のエスカレーターの速度は建築基準法で、勾配が8〜30度未満の場合は分速45m以下、勾配が30〜35度以下の場合で分速30m以下と決められているらしいです。
以下なのでそれ以上遅いのは問題ないのでしょう。
エスカレーターの速度はインバーターで可変速のシステムです、設定で簡単に速度を変えられるらしいので、日本では、エスカレーターを子供や高齢者が多い場所では、分速30mよりかなり遅い低速に調整する場合も多いとのこと。
しかしながら、こっちのエスカレーターは標準的な速度なのに、こっちは遅い、などと統一されていないのは変ではないでしょうか。
子供やお年寄りが多い場所って、どういう場所なのでしょう。
駅前は確かに子供やお年寄りも多いですが、それ以外の人も多いです。
不特定多数の人が利用するエスカレーターを、ここだけ遅くする必要なんて全くないはずです。
香港やシンガポール、タイなどはエスカレーターの速度は速く調整されているそうですが、特別速くする必要はありませんが、遅くする必要は絶対にないと思います。
最近では、エスカレーターを歩くなと言うアナウンスも耳にしますが、遅くしておいて歩くなというのは酷い話です。

マント

映画や漫画などのヒーローモノのフィクションの世界では決して珍しくないファッションであるマント。
もうそろそろ一般的なファッションとして売り出されても良い気がするのですが、まだ少し時代が早いようです。
マント風のロングカーディガンや、コートなどは普通に販売されています。
たまに街でも見かけるのですが、あくまでもそれはロングカーディガンであったり、コートなのです。
マントではないのです。
マント風のコート・・・やはりそれはマントではなくコートなのです。
サンジのように普通にマントを着こなせる日はまだなのでしょうか。
そろそろ冬のコートがわりにマントが一般化しそうな予感はしているのですが。
きっと首元をどうするかが一番の問題なのだとは思います。
首に巻くと引っかかった時に苦しいですし、かといってシャツやジャケットの襟に取り付けるというのも何となく収まりが悪そうですし、シャツが伸びてしまう可能性もあります。
現実的に考えられるのは、冬のマフラーとの一体型マントです。
マフラーのように普通に首に巻き付け、そして後方ではマントとなっているタイプならあり得ます。軽い素材でなら苦しくもないでしょう。
でもやはりそれはマントではなくマフラーなわけで、早くマントがコスプレではなく一般的なファッションとして認識されるようになってほしいものです。

プラス

姫路市内の居酒屋のカウンター席で1人飲んでいる時の事です。
隣に座っている地元女子2人組みの会話が耳に入ってきました。
別に聞きたくて聞いているわけではありません。勝手に聞こえてくるのですから仕方ありません。

「このまえ噂してたあゆみに偶然会って、久しぶりプラス感動的すぎた」

?????
さっきまで普通に関西弁、いや姫路弁を使用していたにも関わらず、このトークに関して言えば関西弁が一切含まれていません。
しかもこの女子はトークに横文字を加えたいのでしょうか。プラスてなんやねんプラスて!!

「この前な、噂しとったあゆみに偶然おーてん!めっさ久しぶりやったわ、しかも噂しとっただけに感動的やろ!」

これが一般的な関西弁を使用したトークだと思うのですが、ちょっと気取った言い方をしたいのでしょうが、聞いてるこっちが恥ずかしくなってきます。

「あ、お願いしまーす!ウーロンハイプラスハイボールください」

また出たプラス!!!
しかも「お願いしまーす」て、キミはマネージャーか!!
ほで「あ、」はイランやろ!!

「サーセン!ウーロンハイとハイボールくざさい!」

これが正しい姫路弁やろ!!

こうしてイキッた人達が徐々に増えてきて、だんだんと方言が消えていくのでしょう。
悲しい話です。

2018年10月27日土曜日

ミントチョコレート

今から20年以上前、韓国へ行ったときに初めてミントチョコレートを食べました。
当時私は、その歯磨き粉のような清涼感とチョコレートの濃厚な甘さのマッチングがどうも納得できず、この世で一番不味い食べ物のリストに入れたのです。
韓国人は狂ってると思いました。
その後、国内でもミントチョコレートが好きだと言う女性と出会いました。
私は、この女性も狂ってると思いました。
舌がどうかしてる、きっと味覚障害か何かなのだと思ったのです。

あれから約20年が経過しました。
今はこういう写真を見ただけでヨダレが口の中いっぱいに溢れるほどに、ミントチョコレートが好きで好きで仕方ないのですから恐ろしいものです。
なんなんでしょうか、この味覚の変化は。

ゴマドレッシング

私は、食べの物の好き嫌いはありませんが、わざわざ好んでまでは食べたく無いものは存在します。
それがサラダ用のゴマドレッシングなのです。
何年か前、千葉市内のとある飲食店にて、ランチの定食をオーダーした時の事です。
付属のミニサラダにゴマドレッシングがかかっていました。
定食自体は美味しかったのですが、このミニサラダのドレッシングだけが、どうも好みではないので、完食はしたのですが、なんとなく良い印象ではありませんでした。
だからと言ってその店を嫌になる事はないのですが、もしも店主にリクエストできるのであれば、サラダのドレッシングは何パターンかの中から選ばせてもらえたらいいなと思いました。
その翌日、都内のとある居酒屋のランチをいただきました。
まさかとは思いましたが、また付属のサラダにゴマドレッシングがかかっていたのです。
翌日、大阪へ戻り、門真市の友人のお店でランチをしました。
すると、そのお店でも定食のサラダにゴマドレッシングがかかっていたのです。
友人に他のドレッシングは無いのかと聞くと、これしか置いてないと言うのです。
せめて醤油とマヨネーズか、シーザードレッシングぐらいは選べるようにしてくれとリクエスト致しました。
ところが友人が言うには、ゴマドレッシングが一番人気だと言うのです。
私は目から鱗落ちるような衝撃を受けました。
「なんで?なんでこんな不味いもんが人気なん?」
私は全く理解ができませんでした。
連続して3回もゴマドレッシングに当たるという事は、この世には圧倒的ににゴマドレッシングファンが多いのかも知れません。
私のようにそれが不味いと感じる人は少数派なのでしょうか。
ショックでした。
いやだいぶショックを受けました。
そこで友人何人かにLINEで質問してみました。
「あなたの好きなサラダ用ドレッシングは何ですか?」
すると確かにゴマドレッシング好きが1番多かったのですが、見事にバラッバラな回答でした。

・ゴマドレッシング 7票
・シーザードレッシング 4票
・青じそドレッシング 2票
・すりおろし人参ドレッシング 2票
・わさびドレッシング 1票
・パルメザンチーズドレッシング 1票
・麺つゆ&マヨネーズ 1票
・何もかけない 1票
・オリーブ入り玉ねぎドレッシング 1票
・トマトドレッシング 1票
・レモンドレッシング 1票
・サウザンドアイランドドレッシング 1票

なんか少しホッとしました。

2018年9月7日金曜日

絶対に席を占領したいオバチャン

大阪から三ノ宮へ向かう新快速の車内での事です。
座席は全て満席で、ドアの前の補助席だけが2席空いていました。
私は手前の40代ぐらいのオバチャンが座っている横に座ろうとしたのですが、そのオバチャンは自分のバッグを体の横に置いて座っているので、私が座ろうとすると、ほんの少ししかスペースがありませんでした。
なのでその隣の補助席の空いている1席、若い女性が座っている隣に座りました。
普通、2人がけの席なのですから、バッグは膝の上に置くか、床、網棚です。
ところが、そのオバチャンは絶対にバッグを横に置きたいようなのです。
次に若い女性が乗ってきました。
席はその常識のないオバチャンの横しか空いていません。
そもそも、いくらバッグを横に置いていても、誰かが隣に座ろうとすると、サッと膝の上に移動させるものです。
それがマナーであり、一般的な常識です。
ところがそのオバチャンは、私が座ろうとした時もそうでしたが、次に来た若い女性の時も、全く移動させようとはしないのです。
その女性はイチかバチかの勝負に出たのでしょう、その20㎝のスペースに強引に腰かけたのです。
私は思わず二度見してしまいました。まさかそのスペースに座るとは思わなかったのです。
きっとその女性も、座ろうとするとバッグを移動させてくれると思ったのでしょう。
ところがオバチャンは微動だにしません。
当然空いたスペースは20cmぐらいですので女性は半ケツ状態で座っています。
可哀想にその女性は、何度もそのオバチャンを見たり立ったり座ったりしてアピールするのですが、完全に無視されています。
無視されてもなおその女性は半ケツ状態です。
女の意地と意地のぶつかり合いです。
恐ろしい光景が何十分間も続きました。
私は隣で脇汗をかきながら、その戦いを見守る事しかできませんでした。

2018年8月26日日曜日

料理写真

ここ数年、インスタ映えインスタ映えと、世間が料理写真に騒がしくなる前は、美味しそうな料理写真を「シズル感がある」などという表現で表していました。
私は仕事で、飲食店のメニューを毎日毎日作成しています。
このシズル感のある美味しそうな料理、今で言うインスタ映えのする料理を考案し、そして実際に料理を作り、そしてその料理を撮影する、という一連の作業を行なっているわけです。
ところが、仕事をいただくお客様が感じるシズル感と、私の感じるシズル感には差があります。
美味しそうな写真が撮れ、自信満々にお客様に見せても、簡単にボツになり、めちゃくちゃ不味そうな写真を使うように指示のある場合もあるのです。
勿論、何とか理解していただこうと、反論はするのですが、お客様ですし、結局その料理が売れなくても、お客様が損をするだけなので、一度言って理解されなければそのまま変な写真を使います。
当然自分では納得のできないものが完成するのですが、仕方ありません、諦めます。
ではその美味しそうな料理写真と、そうではない料理写真との、大きな違いは何でしょうか。
私が考える美味しそうな料理写真とは、単にその料理本体だけではなく、その料理を盛り付けるお皿だったり、またそのお皿が置かれているテーブルであったり、もっと言うと、そのテーブルの向こうの店内の雰囲気、花瓶に飾られた花、窓から見える景色など。
実際にそのお店で、料理に向き合っている人と同じ目線で見えるもの。
それがシズル感だと思うのです。
料理を美味しく見せるためには、それに似合う器と、客席、店内も綺麗に整理されていて、窓からは美しい風景、それらのものすべてが必要なのです。
全てが揃って初めて美味しそうな料理の完成なのです。
いくら良い食材を使用して、美味しい味付けをした料理でも、紙皿やダサい器に盛られていたらどうでしょう。
塩ビのアニメキャラの描かれた器に盛られた料理や、紙皿の料理が美味しそうに見えるでしょうか。
また客席ではなく、蛍光灯で照らされた厨房の台下冷蔵庫の上で撮られた料理写真が美味しそうに見えるでしょうか。
不味そうな料理写真の典型的なパターンは、バックに景色の全くない写真です。
料理だけの、証明写真のような写真。
よく東南アジアへ行った時に、レストランで見かけるバックが真っ白や真っ赤の料理だけの写真です。
あれはダメです。動きもなければ、料理から何のメッセージも伝わって来ません。
ただのカタログにすぎないと感じてしまいます。
写真の撮り方も、これから食べるという臨場感の感じられる角度、言わゆる目線からのアングルが理想です。
変に上からのアングルや、斜めの角度などはあり得ません。

この写真は、私の尊敬する先生の写真です。
この写真のように、目線のアングルで、器、テーブル、そしてその後ろの風景まで、これら全てが揃った写真が理想のインスタ映えにする料理写真と言えます。
料理も美味しそうですし、またその料理を作った人の性格や気持ちまでも感じることができてしまいます。
そしてその後ろの風景を見るだけで、一切手抜きのない、この1回の料理に対する本気度やこだわりを感じます。
料理の向こうに映ってはいけないものがあるから、それを映さないのではなく、そこを整理するという事が大切なのです。

天気予報の違和感

朝ホテルで目覚め、つけっぱなしだったテレビをボーッと見ていると、天気予報が始まりました。

兵庫県北部、晴れ時々曇りでしょう
兵庫県南部、晴れ時々曇りでしょう
大阪府北部、晴れ時々曇りでしょう
大阪府南部、晴れ時々曇りでしょう
京都府北部、晴れ時々曇りでしょう
京都府南部、晴れ時々曇りでしょう
奈良県北部、晴れ時々曇りでしょう
奈良県南部、晴れ時々曇りでしょう
滋賀県北部、晴れ時々曇りでしょう
滋賀県南部、晴れ時々曇りでしょう

「ぜーんぶ一緒かいっっ!!」
「近畿地区はどこも晴れ時々曇りでしょう」でええんちゃん!!
じゃーくさ

天草プラザホテル

熊本県天草市に行った時は、ほぼ100%の確率で宿泊しているホテル、天草プラザホテル。
うかれこれ5年以上、毎月毎月宿泊しています。
全く不満が無いわけではないのですが、他のホテルに比べて、朝食が美味しいですし、ホテルのスタッフとも顔見知りです。
また私にとっては、場所も非常に良いです。
これで少しある不満が解消されれば最高なのですが、なにぶん解消されなくても5年も泊まり続けているのですから、向こうからすれば危機感なんてありません。
いくら不満をぶつけようとも、それを無視しておいても泊まり続ける客なのですから、気にもとめていないはずです。
では一体何が不満なのかというと、ベッドの硬さや布団の古さ、それももちろん満足はしてはいません、しかし何よりもバスルームに設置されたタオルが嫌なのです。
ボロッボロでうっすいうっすいハゲて変色したタオルが設置されているのです。
しかもそれが半端なく臭いのです。
当然体を拭くと、その臭いが体につくのです。
もうそれが苦痛で苦痛で、あまりにも苦痛なので何年か前にフロントでスタッフにクレームしました。
「せっかく金かけてリニューアルしたくせにタオルが古い古いボロボロやったらあかんのちゃん、恥ずかしで。支配人にゆーといて」
が、何の変化もありませんでした。
あの臭いの正体はきっと柔軟剤か何かの臭いなのだろうとずっと思っていたのですが、今年に入り、バスタオルではない方の通常のタオルだけが1枚リニューアルされ新しくなりました。
するとその新しい方のタオルは全く臭くないのです。
これまで勝手に柔軟剤の匂いだと思っていましたが、それならこのタオルだって同じ匂いがするはずです。
ところが全く臭いません。
ということはあの嫌な臭いの正体は何なのでしょうか。
オッサンの臭いなのでしょうか。
それはさすがに勘弁してほしいです。
次からはタオルを持参して泊まりたいと思います。
アーメン

肩こりの治し方

20代の頃から30年以上、ずっと肩こりに悩んで生きてきました。
自分の姿勢が原因なのか、歯ならびや歯ぎしり、虫歯が原因なのか、それとも荷物が重いからなのか、きっとその全てが原因なのでしょうが、あちらこちらのマッサージへ通ってみたり、整体やカイロプラクティック、針やお灸、磁気治療器などなど、とにかく良いと聞いたものは何でも試してはきましたが、結局のところ今ひとつ効果の得られないままに、これまで過ごしてきたように思います。
歯医者へ通い歯の治療をし、荷物も極限まで減らし、鞄もずっと嫌だったリュックへ変更しました。
それでもなお抜本的な解決には至らぬものの、少しはマシになったように気がしておりました。
ところが、たまたま腕立て伏せを毎朝やるようになって、完全に肩こりから解放されたのです。
何年も何年も悩み続けてきた肩こりが嘘みたいになくなったのです。
皆さんも是非やってみてください。

買い物の効果

何か買わなければならないものが存在する時、何故かヤル気が出るというか使命感で燃えるというか、何か体の奥底からメラメラと力が湧いてきます。
買い物ができる事が嬉しいのです。
何故なのかわかりませんが、人は買い物がしたいのです。
人は、お金を支払って物を買う行為が、したくてしたくて仕方ない生き物なのです。
その物の価格は関係ありません、高価な物であっても、安価な物であっても、いま必要なものを購入したいのです。
買い物の予定があることが嬉しいのです。
買う物があることが満足なのです。
買う物に行くスケジュールが入っているだけで充実した気分になれるのです。
知らんけど

2018年7月28日土曜日

両面テープの真実

両面テープというと、あまり強力な接着力ではないけれど、簡易的に貼り付けるには丁度良いという、そんな印象があります。
しっかりと貼り付けたい場合には、両面テープを選ぶ事はありませんでした。
先日、友人からiPhone用のバンカーリングをプレゼントされ、付属の両面テープで貼り付けたのですが、貼り付けてすぐにリングに指を通してiPhoneをグルグルと振り回していると、スポッと両面テープが剥がれて、iPhoneが飛んで行ってしまったのです。
その後、なぜか何回貼り付けてもすぐに取れてしまいました。
その後、もっと強力な両面テープを求めてホームセンターへ行きました。
そこで、もうスポッと抜けるのは嫌なので、一番強力な両面テープを探す事にしたのです。
色々と見ていくうち、これまで想像もしなかった両面テープの新事実を知る事となりました。
その新事実とは、両面テープは、貼り付けてから24時間を経過した後に、一番強力な接着力となるという事らしいのです。
そんな事、これまで知らずに生きて来ました。
接着剤なら理解できます。
両面テープの接着部分も、接着剤のように、時間の経過とともに接着力が変わるなど、誰が想像したでしょうか。
これは衝撃的でした。
あまりにも衝撃的だったのであちらこちらで言いまくってます。

透明なエレベーター

よくガラス張りのエレベーターを見かけます。
エレベーター本体がガラス張りというわけではありません、エレベーター本体を囲む壁がガラス張りなのです。
展望の素晴らしい風景を見せるためのガラスではなく、ただ単に「なんとなくおしゃれ」のためのガラス張りなのです。
設置当初は、新品で綺麗ですし、見た目も美しいのです。でも月日が経過すると、エレベーター本体の上にホコリが積もっているのが、外から丸見えになります。
ハッキリ言ってめちゃくちゃ汚いだけなのです。
掃除もなかなか出来ないでしょうし、こうなる事は設置時にある程度予測できたはずです。
通行人からすれば、朝から汚い機械を見せつけられて不快なだけです。
イキってガラス張りにしたのならば、そのまま放置するのではなく、責任を持って年に1回でも掃除をしてほしいものです。
それとよく似た物で、大型ショッピングモールなどの店内モニュメントも同じ事が言えます。
下から見たら何とも思わないのですが、そういうモニュメントは大体がエスカレーター横に設置してあり、上の階から見た時に、ホコリがモロに見えて、物凄く嫌な気持ちになります。
確かにこれも、掃除は大変でしょう。
掃除の度に足場を組む必要がありますし、コストもかかります。
でも当初イキって後先考えずに設置したツケが回ってきているのですから、責任を持ってメンテナンスをお願いしたいものです。
ガラス張りのエレベーターにしても、大型モニュメントにしても、ホコリの積もった物を見つけると、その建物の管理者が、だらしないしょーもない人なのだと皆思っているのです。