2019年3月2日土曜日

水や雪に飛び込む恐怖

テレビなどで積もった雪の上にダイブするのというような映像を目にする事があります。
可愛らしい女子がキャーッとか言いながら気持ち良さそうな顔をして積もったふわふわの雪の上に飛び込むのです。
皆さんはあれを見てどう思うのでしょうか。私は恐怖でしかありません。
「もしも見えない雪の下に鋭利な鉄の棒や木の切り株などがあったら」
と考えると怖くて仕方ないのです。
ちゃんと下に何もないと確認済みなら問題ないのです。
でもおそらく確認してないはずです。
確認なんかしていたら、せっかくきれいに積もった雪が台無しになってしまいます。
もし下に鋭利なものがあったら、体に突き刺さります。
万が一、お尻から飛び込んだらケツの穴に棒が突き刺さります。
そんなの痛すぎます。
痛すぎて死にます。
顔から飛び込んで、目に突き刺さったらどうするんですか。
飛び込んだ事を一生後悔するはずです。
雪だけでなく、池や湖、道頓堀川でも同じ事が言えます。
特に濁った道頓堀川に飛び込むなんて、恐ろしすぎる行為です。
飛び込んだ道頓堀川の底に、自転車が落ちていて、もしもハンドルがケツの穴に刺さったら、阪神優勝どころの騒ぎではなくなってしまいます。
雪や水に、ちゃんと下調べせずに飛び込む事が、いかに恐ろしいのかを知っていただきたいです。
絶対に何もないとは言い切れないのですから。

他人の会話

すれ違いざまや、エレベーター、電車内、居酒屋などなど、聞くつもりのない他人の会話が耳に入ってきた時。
だいたいの会話がめちゃくちゃしょーもないのは何故なのでしょうか。
特にオッサンの会話はマジでつまらん事が多いです。
ごくたまに、面白い人も居ます。
でもそんな人、年間に1人いるでしょうか。
他人の話なのでどうでも良いのです。
どうでも良いのですが、世の中の殆どの人が、つまらん話をして喜んでいるのだと思うと悲しくなるのです。
他人からすれば、すれ違いざまの私の話もきっとつまらんのでしょうけど。


親切におすすめしてくる人

都営浅草線の五反田駅で、切符を買おうと、券売機の少し手前で、携帯を取り出し、乗り換え案内のアプリを開いて運賃を調べていました。
すると真面目そうなオッサンが笑顔で近寄ってきて、券売機の1つを指差しながら私を見て「どうぞ」と言うのです。
ふと見ると、親切に券売機で切符を買う順番を私に譲ってくれてるのか、それともさっさと買えと言いたいのか、とにかくすすめてきたのです。
券売機は4〜5台並んでいて、全部空いてます。
おそらく頭がおかしいのでしょう。
ほっといて欲しいところです。
「ええねんええねん、今調べとんねん」
そう言って、私はまた視線をアプリに戻しました。
すると「あ、携帯で切符買うんですか」
そう言って来たのです。
携帯で切符買うヤツが、券売機の前に立っているはずがありません。
これは相当やばい人だと判断し
「そや」と言いながら切符を買って、そそくさと改札を通り抜けました。
しゃーけど誰なん、あれ。

2019年2月28日木曜日

知らんがな

熊本市内のとあるホテルに宿泊した時の事です。
いつものように朝食バイキングをいただいておりました。
すると、お隣の席の見た感じ50代後半ぐらいのオッサンが、朝食を食べ終わり、席を立ったのですが、大きなバッグを席に置き忘れています。
私は、声をかけようと彼の方を見た瞬間、クルッと振り返り「危ない危ない」そう言って戻って来たのです。
どうやらすぐに気が付いたのでしょう。すぐそこに立っていた朝食係のスタッフに「危なかった、忘れるところだったわ」そう言いながら戻って来ます。
そしてバッグを持ち上げながらこう続けました。
「これ忘れたら熊本に来た意味がなくなっちゃうよね」
朝食スタッフは苦笑いしながら、おそらく腹の中で「知らんがな」と思っているはずです。
オッサンのこのセリフは、オッサンが熊本に来た意味、バッグの中身や一連の流れを理解している人向けのセリフです。
なにも知らない朝食係や、私を含めて周囲にいる人達が、それを聞いて言える言葉はただ1つ「知らんがな」ぐらいなものでしょう。
その場に居合わせた人達は、みんな同じ事を思っていたはずです。

2019年1月18日金曜日

ダイエット中に希望の光

ダイエット中の人なら、誰しも経験あると思いますが、自分に甘く、我慢できずに食べてしまった時の何とも言えない罪悪感は、精神的にかなり辛いものです。
好きなものを何でも、糖質を気にせずに思いっきり食べたいのが本音でしょう。
そんな中、一筋の希望とでも言いますか、希望の光的なもの…それがマヨネーズです。
マヨネーズは何となくダイエットには大敵な印象を持っておりましたが、実は糖質制限に引っかからない食品なのです。
なんと450gのマヨネーズを丸々1本飲み込んでも、糖質はわずかに3gだというのですから嬉しすぎます。
思いっきり大量にかけても良いのです。
こんな幸せな事はあるでしょうか。
マヨネーズは我々ダイエッターにとって、希望の光です。
ビバマヨネーズ!
マヨネーズマヨネーズ!
マヨネーズバンザイ!
バンザイマヨネーズ!

金箔

たまに金箔を乗せている料理を見かけます。
あれ、もしかして誰か美味しそうに見えてる人がいるのでしょうか。
金を食べたい人がいるのでしょうか?
おそらく居ないはずです。
では何故金箔を料理に盛り付けるのでしょう。
それはただ単に高級感や豪華さを演出するためだけのものだと言います。
金箔などにに頼らずに、器や盛り付けで豪華さを演出すべきだと思うのですが。
調べてみると、金箔は、何の栄養も無く、味も無し、また他の物質と反応する事も無く、消化されずに排出されるから安全なのだとか。
安全だから食っても良いというのはどうかと思います。
盛り付けでは豪華さを出す自信がないから金箔に頼っているような、そんな気がしてならないのです。

2018年12月30日日曜日

誰でも簡単に継続できるスクワット「フロフキスクワット」

スクワットが健康に良い事は、誰しも理解しているはずです。
あの黒柳徹子の若さの秘訣は毎日のスクワットだという実績もあります。
それはわかっているのですが、なかなか継続は難しいのが現状です。
どんなダイエットでも筋トレでも、ちょっとずつでも良いので、長く継続する事が一番重要です。
となると、無理は禁物です。無理なく自然に、生活の一部にしていまう事が、少しでも長く継続する秘訣だと言えます。
そこで私が考案した誰でも簡単に継続できるスクワットが「フロフキスクワット」を紹介致します。

やり方は簡単です。
その名の通り、風呂から出る時に、タオルで体を拭く際に行います。
拭いている間、拭き終わるまでの時間、スクワットを行うのです。

目標は100回、最低でも50回、私の場合ですと何も考えずに行うと、普通に拭き終わるまで80回ぐらいです。
元気な時はゆっくり拭いて100回、なんとなく嫌な時は最低回数の50回でやめても構いません。
とにかく毎日継続する事が大切なのです。
1年も続けば、きっと足腰は強くなっているでしょう。
膝の痛みが無くなっているかも知れません。
ひょっとしたら数kg痩せているかも知れません。
このように継続のコツは、生活の一部に取り入れてしまう事なのです。

靴下の穴

いくら上品で物静かでいい家庭に育った人でも、靴下に穴が開いているだけで一気に貧乏くさくなります。
それほど靴下の穴には物凄い破壊力があるのです。
どんなことがあっても絶対に靴下にだけは穴を開けないようにしないといけません。
日々チェックし、少しでも薄くなっている部分を発見したらすぐに破棄する事。
これが重要なのです。

天下一品

何かの縁で知り合った人が、たまたま同郷出身者だったとき、非常に親近感が湧きます。
過去に同じ部活動をしていた事が判明したり、同じ趣味、同じ好物、愛煙家、笑いのツボが同じなど、こういった事でも親近感が湧いてくるのです。
親近感のおかげで一気に距離が縮まり、友達となるわけです。
こういう風に、人との相性を追求してくと、最終的に辿り着くのは天下一品ではないでしょうか。
いくら気が合う友人だったとしても、最終的に天下一品のこってりが苦手だという事が判明してしまうと、何故かそれ以上は踏み込めないような気がしてならないのです。
これは私のこれまでの人生での統計による判断であって、確率論です。
必ずしもそれが正しいとは言い切れはしないのですが、往々にして天下一品のこってりが嫌いな人とは、その後、何故か疎遠になっているから不思議です。
逆に天下一品のこってりが好きだという人の事は、意味もなく信頼していますし、仮に離れていても何故か友情を感じます。
いつ再会してもすぐにまた過去のように良い関係が築ける自信があるのです。
それほどまでに、天下一品の好みというものは特殊なのかも知れません。

先日、とある飲み会で知り合った友人と食事をしました。
お互いに気が合うのか、とても会話も弾み、まさに意気投合したのです。
そこで、いつものように最終的に相性が合うかの判断として、天下一品の話を持ち掛けました。
もしもこの段階で、天下一品が嫌いな人だったとしたらショック過ぎるので、恐る恐る聞いたのです。

「なぁ、テンイチ好き?」
「好き!しょっちゅう行ってる!」
「おおおお!そら良かった!なんかホッとしたわ」
「月1は食べてるでテンイチのアッサリ」
「アッサリかーーーーーーーーーーい!!!!」




並び方

何故地面の線の通りに並ばない人がいるのでしょうか。
下を見てないのでしょうか。
線を気にしてないのでしょうか。
線を見ても意味が理解できないのでしょうか。
気にしていないのでしょうか。
アホなのでしょうか。
いい大人のくせしてそんなこともできないなんて不思議でなりません。
あと、どう見ても前方は一列に並んでいるのに、途中から勝手に二列にしている人、前方の状態が理解できないのでしょうか。
またその後から来た人も、それを見たら誰でも前にアホがおる事は理解できるはずなのですが、同じように二列に並ぶ人が次々とやって来ます。
信じられませんが、世の中にはこういう理解できない人が結構な数います。
外国人はめちゃくちゃ多いですが、日本人でも案外多いことに衝撃を受けます。
テレビ局はこういう人をドンドン取材するなり顔をさらして放映すべきです。
こういう人の家族や職場の人たちに見せるべきだと思います。

2018年11月17日土曜日

納豆混ぜない派

この世の中には、納豆を混ぜない派が存在するというのです。
衝撃的でした。そんなの初めて聞きました。
納豆なんて、混ぜて完成だと思っていましたし、108回も混ぜませんが、それでも混ぜないと危ないぐらいに思っていました。
ちゃんとしっかり混ぜないと、腹痛くなるぐらいの感覚です。
だから混ぜずに食べるなんて、豚肉を生で食べるぐらいの衝撃だったわけです。
確かによくよく考えてみたら、ただ単に混ぜるだけで、火を通すわけでもありませんし、納豆そのものに何も変化はありません。
だから腹が痛くなるはずもないわけです。
でも何故だか何か抵抗があるから不思議です。

珈琲混ぜない派

友人の自宅で珈琲を出された時、珈琲カップにスプーンを入れて持って来られました。
何故スプーンを入れているのかと聞くと、皿がないからだと言います。
いや、そもそも皿があろうがなかろうが、珈琲にスプーンが必要なのでしょうか。
珈琲カップにスプーン差し込んで持ってこられても、ダサい上に邪魔です。
そんなの飲んでたら恥ずかしいです。
すると友人は、砂糖やミルクを混ぜるのに必要だと言うのです。
なるほど、私は砂糖もミルクも入れませんので、スプーンは必要ないという風に答えると、理解してくれました。
理解はしてくれましたが、スプーンを置く場所がないので邪魔なスプーンを入れたまま飲むこととなります。
しかしながら、もしも仮に私が砂糖やミルクを必要としていたとしても、スプーンで混ぜたりはしません。
入れて飲んでいるうちに溶けて混ざるからです。
コンビニなどのセルフ珈琲を入れて、後ろに客が並んでいるのに一生懸命グルグルグルグル混ぜている輩をたまに見かけますが、そんなに混ぜなくても溶けて混ざります。
グルグルグルグル、まるで納豆を108回混ぜているかのように、、
後ろから見ていて恥ずかしくなります、あれダサすぎます。

エスレーターの速度

ごくたまにめちゃめちゃ遅いエスカレーターに乗る事があります。
これまでに何度もエスカレーターには乗っていますので、遅いとすぐにわかります。
その度にイラッときます。
遅いエスカレーターを設置する理由は何なんでしょうか。
危ないから?
遅いから逆にイラッとして歩いたり走ったりする人が続出して逆に危険だと思います。
つい先日も、めちゃめちゃ遅いエスカレーターを駆け上がっていく人を見かけました。
駆け上がりたくなるぐらい遅いのですから仕方ありません。
作った人は、こんな事も想像できなかったのでしょうか。
世界的に見て、標準的なエスカレーターの速度は分速27〜30mらしいです。
日本のエスカレーターの速度は建築基準法で、勾配が8〜30度未満の場合は分速45m以下、勾配が30〜35度以下の場合で分速30m以下と決められているらしいです。
以下なのでそれ以上遅いのは問題ないのでしょう。
エスカレーターの速度はインバーターで可変速のシステムです、設定で簡単に速度を変えられるらしいので、日本では、エスカレーターを子供や高齢者が多い場所では、分速30mよりかなり遅い低速に調整する場合も多いとのこと。
しかしながら、こっちのエスカレーターは標準的な速度なのに、こっちは遅い、などと統一されていないのは変ではないでしょうか。
子供やお年寄りが多い場所って、どういう場所なのでしょう。
駅前は確かに子供やお年寄りも多いですが、それ以外の人も多いです。
不特定多数の人が利用するエスカレーターを、ここだけ遅くする必要なんて全くないはずです。
香港やシンガポール、タイなどはエスカレーターの速度は速く調整されているそうですが、特別速くする必要はありませんが、遅くする必要は絶対にないと思います。
最近では、エスカレーターを歩くなと言うアナウンスも耳にしますが、遅くしておいて歩くなというのは酷い話です。

マント

映画や漫画などのヒーローモノのフィクションの世界では決して珍しくないファッションであるマント。
もうそろそろ一般的なファッションとして売り出されても良い気がするのですが、まだ少し時代が早いようです。
マント風のロングカーディガンや、コートなどは普通に販売されています。
たまに街でも見かけるのですが、あくまでもそれはロングカーディガンであったり、コートなのです。
マントではないのです。
マント風のコート・・・やはりそれはマントではなくコートなのです。
サンジのように普通にマントを着こなせる日はまだなのでしょうか。
そろそろ冬のコートがわりにマントが一般化しそうな予感はしているのですが。
きっと首元をどうするかが一番の問題なのだとは思います。
首に巻くと引っかかった時に苦しいですし、かといってシャツやジャケットの襟に取り付けるというのも何となく収まりが悪そうですし、シャツが伸びてしまう可能性もあります。
現実的に考えられるのは、冬のマフラーとの一体型マントです。
マフラーのように普通に首に巻き付け、そして後方ではマントとなっているタイプならあり得ます。軽い素材でなら苦しくもないでしょう。
でもやはりそれはマントではなくマフラーなわけで、早くマントがコスプレではなく一般的なファッションとして認識されるようになってほしいものです。

プラス

姫路市内の居酒屋のカウンター席で1人飲んでいる時の事です。
隣に座っている地元女子2人組みの会話が耳に入ってきました。
別に聞きたくて聞いているわけではありません。勝手に聞こえてくるのですから仕方ありません。

「このまえ噂してたあゆみに偶然会って、久しぶりプラス感動的すぎた」

?????
さっきまで普通に関西弁、いや姫路弁を使用していたにも関わらず、このトークに関して言えば関西弁が一切含まれていません。
しかもこの女子はトークに横文字を加えたいのでしょうか。プラスてなんやねんプラスて!!

「この前な、噂しとったあゆみに偶然おーてん!めっさ久しぶりやったわ、しかも噂しとっただけに感動的やろ!」

これが一般的な関西弁を使用したトークだと思うのですが、ちょっと気取った言い方をしたいのでしょうが、聞いてるこっちが恥ずかしくなってきます。

「あ、お願いしまーす!ウーロンハイプラスハイボールください」

また出たプラス!!!
しかも「お願いしまーす」て、キミはマネージャーか!!
ほで「あ、」はイランやろ!!

「サーセン!ウーロンハイとハイボールくざさい!」

これが正しい姫路弁やろ!!

こうしてイキッた人達が徐々に増えてきて、だんだんと方言が消えていくのでしょう。
悲しい話です。