2017年11月13日月曜日

じゃないですけど

常に新しい言葉や言い回しは誕生していますし、またそれに関しては、肯定的な考え方で過ごしてはいるのですが、ここ最近、聞いていてイラっとくる言葉があります。それは、
「最近オシャレな料理を作るのにハマってるんです、インスタ映えじゃないですけどやっぱ見かけは大事だと思うんですよね」
この「じゃないですけど」を聞くとイラっとくるのです。
じゃないと言いながらじゃないじゃない、そうなのです。インスタ映えなのです。
じゃないと言うと違うという意味です、しかしながらその正反対の肯定的な意見なのに否定する。頭おかしいとしか思えません。
正しくは「最近オシャレな料理を作るのにハマってるんです、俗に言うインスタ映えですよね、やっぱ見かけは大事だと思うんですよね」
これなら聞いていてもすう~とします。
何故わざわざ否定するような言い回し「じゃないですけど」を皆使いたがるのでしょうか。
きっとカッコイイじゃないですけど、そう思っているのだと思います。

器を積み重ねる人達

つい先日、カウンター席で1人食事をしている時、隣の席の女性が、食べ終わった器から順番に積み重ねているのを見かけました。
別に食べ終わっているのですから積み重ねても良いのですが、なんとなく私はそれが嫌なのです。
物凄く確率は低いかも知れませんが、ひょっとしたらまだその器を使うかも知れないと思ってしまうのです。
回転寿司や出石蕎麦でなら積み重ねます、それはもう絶対にその器を使わないと思えるからであって、少しでも可能性がある場合は、それが出来ないのです、嫌なのです。
またソースがべったりと付着した器の上に積み重ねるのは、どんな状況であろうと物凄く嫌です。
それが食後であったとしても、セルフのお店などで、最後食器返却コーナーヘ器類を運ぶ際でも、ソースやタレの付着している器の上には積み重ねたくありません。
それはやはり器の底が汚れるからです。
仮にどうしても積み重ねなければならない状況となった場合は、食事をしている最中には勿論積み重ねるような事はせず、最後の最後、運ぶギリギリのところでやむなく積み重ねるという感じなのです。
底の部分まで汚れてしまうと洗うのが大変です。
当然、お店の場合、自分が洗うわけではありませんし、飲食店なら食洗機を使っているでしょうから別に良いはずですし、またそんな事をこちらがいくら考えていても、ホールのスタッフは何の躊躇もなくバッシング時に積み重ねています。
ソースがべったりの上にも、ガンガン積んでいるのです。
なのに、何故か自分の手でそれを実行するのが嫌なのです。
「結局粘って粘って最後の最後に積み重ねるのなら、最初からさっさと積み重ねなはれ」と言われそうですが、それが嫌なんですもん、できないのだから仕方がないのです。

長靴やズック靴

エスカレーターに乗る際に、必ず耳に入って来る繰り返されるメッセージ
「よいこの皆さん、エスカレーターに乗る時は必ず手すりにつかまってください。長靴やズック靴は巻き込まれる恐れがありますので、特にご注意ください」
ここんとこメッキリ長靴の人を見かけませんし、そもそもズック靴ってなんなんでしょう。
運動靴?スニーカーすか?
長靴やスニーカーがエスカレーターに巻き込まれやすいとは思えないのですが。
それなら足袋とか地下足袋、靴下やパンストの方が絶対に巻き込まれやすいと思います。
まぁ長靴の人よりも足袋や地下足袋の人は見かけませんけども。それに靴下やパンストでエスカレーターに乗ってる人も見かけた事はないのですが。

タレント好感度ランキング

好きなテレビタレントのランキング、嫌いなテレビタレントのランキング。
不思議なもので、だいたい好きなランキングに入っている人は、嫌いなランキングにもチャートインしてるんですよね。
ああいう人気商売となると、好きとか嫌いとか、ハッキリした方が良いのでしょう。
どっちゃでもええわという中途半端で無難なところが一番いけないのかもしれません。
しかし毎回あれを見ていて思うのですが、マツコデラックスが男性側にランキングしていましたが、マツコデラックスは、誰も男性だと思って見てはいないのではないでしょうか?
女性側で良いと思います。もしくは、もうこんな時代なのですから、「男性」「女性」とわけるのであれば「中性」や「オカマ」という項目を作って良いと思うのですが。
何かあの人達が男性側にライクインしていると違和感を感じるのです。
下手したら女性よりも女性っぽいんですから。

2017年11月1日水曜日

ダイエット開始から1580週目で痩せた

ダイエット開始から1580週間が過ぎ、やっと手応えを掴む事ができました。
ついにダイエットに成功したのです。
いやぁここまで実に長い道のりでした。
カロリーオフしてみたり、毎朝1時間も走ってみたり、ここ最近では自身で考案した「ユカリズム」というダイエット法を毎朝40分間実施し、それを1年やってやっとこさ5kgダウンに成功したところだったのですが、今回は違いました。
2週間で8kg落ちたのです、そして1ヶ月で10kgの減量に成功致しました。
もう落ち方がハンパないのです。
一時の中国のICO規制の時のビットコインぐらいに、毎日体重計に乗ると減ってるんですもん。
これにはさすがに手応えを感じました。
やった事は、炭水化物カットとグルテンフリーの2つです。
といっても、事細かにカットしているわけではありません。
ご飯や小麦粉を使用した料理を、極力食べないように心掛けただけなのです。
全く食べないのではなく、なるべく食べないというだけです。
実際、付き合いでラーメンも2回食べましたし、たまにご飯も食べてます。
お酒はハイボールしか飲んでません。
ハイボールは毎日浴びるほどに飲んでます。
それで10kg落ちたのです。
運動は毎朝3分だけやってます。
腹筋を30回、腕立てを30回、体幹を鍛えるポーズを1分間、合計3分間だけです。
ところが、この10kgからが全然落ちません。
ここまでは、肉や揚げ物は大量に食べてましたが、ここらはカロリーも気にしないと痩せないのかもしれません。
今日から腹筋と腕立てを50回にし、カロリーも少し気にしてみようと思います。

席を立つ外国人

何故外国人観光客は電車内ですぐに席を立つのでしょうか。
一旦席に座っているのに、わざわざドア付近の路線図を見に立つのです。
席を立つから空いたと思い誰かが座ります。
すると帰ってきた外国人は「オーマイガー」というリアクションと共に何とも言えない表情をするのです。
もうこの何とも言えない表情を何度見た事でしょう。
そもそも路線図なんて、たまたま近くに立っている場合などにチラ見する事はあっても、わざわざ席を立って見に行く感覚がわかりません。
携帯のアプリで見たらいいじゃないですか。
それとも海外にはそんなアプリが存在しないのでしょうか。
それか旅の前に、いや電車に乗る前に調べてから乗るべきではないでしょうか。
路線図を見て何か理解できるのでしょうか。

勇気を出して今度インタビューしてみたいと思います。

気になって仕方がないエレベーター内部

電車がJR南草津駅に到着し、座席からぼーっと窓の外を眺めていた時の事です。
ちょうど窓の外に、エレベーターに乗ろうとする2人のご婦人が見えます。
少ししてエレベーターがホーム階に到着し、扉が開きました。
2人が乗り込もうとした瞬間、何があったのか2人共に何かに驚き、そしてUターンしエレベーター前から立ち去ったのです。
えっ?なんなん?なにがあったん?
2人は階段の方へ向かいました。おそらく何らかの理由でエレベーターには乗りたくなくなったのでしょう。
ここからはエレベーター内は見えません。
それに電車内ですから、ご婦人に声をかけて何があったのか聞くことすらできません。
ただ見守るしかないのです。
いや実際は、車両の出口まで行って、そこから2人に声をかける事は可能ではあります。
しかしながら私は一般人です。
そもそも一般人が見知らぬ人に急に聞くのは変です。
知りたいのは山々ですが、聞く道理がありません。そんな事したらただのミーハーだと思われでます。
それなら聞かずに電車を飛び降りて、エレベーター前まで駆け寄って自分の目で確認するしかないわけです。
しかしながら、電車を1本遅らせてまでして確認する必要があるのでしょうか。
もうあと何十秒で、電車は発車してしまいます。
飛び降りるなら今です。
・・・・・・
結局私は降りる事をせず、この文章を書いています。
エレベーター内に一体何があったのか、結局迷宮入りしてしまいました。

2017年10月31日火曜日

トーンダウン

JR線の自動切符売場で、切符を買おうとした際に流れるメッセージが何か変なのです。
違和感を感じるのです。
ここ最近になって、まだまだ一部の機械ではありますが、JR西日本でも自動切符売場で領収書が出るようになりました。これは本当に喜ばしい事なのです。
喜ばしい事なのですが、その領収書が出る時に流れる
「領収書の取り忘れにご注意ください」
というメッセージが変なのです。
「取り忘れにご注意ください」の最後「ください」のところで急にトーンダウンするのです。
だから毎回それを聞くたびにガクッとなるのです。ずっこけるのです。
なんなら吉本新喜劇風にぶっ倒れたい衝動にかられます。
もうあれ聞きたさに領収書を出しているといっても過言ではありません。
あれはJR側がウケ狙いでわざと仕込んだのでしょうか。
もしそうだとしたら天才だと思います。

2017年9月26日火曜日

飲食店スタッフが絶対にやってはならない事。

世の中には、絶対にやってはならない事というものが沢山あります。
その中でも、飲食店の店長が絶対にやってはならないという事を紹介したいと思います。
それは、客のツレの女性を、コソコソ隠れて口説くという行為です。

これをやってしまえば最後、もう二度とそれをやられた客はお店に来る事はないでしょうし、そればかりか、その事を一生言いふらし続けます。
その噂がどこまで知れ渡るかは、その客の影響力次第でしょうが、結果的にその店長が心を改めない限りは、店の発展は絶対にないのではないでしょうか。
私はこれまでに、実に3回もこれをやられました。
同じ店で3回ではなく、3軒のお店でやられたのです。
3回というのは割と多いと思うのです。
がしかし、それは本当は気づいていないだけで、実はもっと沢山あるのかも知れません。
それほどに、実はとても多い事例だという事なのです。
世の中には案外クソが多いのです。

同席した女性と私が、どういう関係なのかは全く問題ではありません。
許可なく勝手に、しかもコソコソと私に隠れて口説くという事が、どういう事なのかを理解できない低レベルの人間だという事なのです。
また更に、その店長と私との人間関係が既にできており、信頼関係の元にそのお店に通っている場合などは、もう論外といえます。
常連でしかもプライベートでも付き合いのある客の、ツレの女性をコソコソ口説くのですから、クソ以下のチンカス野郎です。
しかも相当頭の悪いアホ女じゃない限り、ツレの女性は私に告げ口します。
そんな事は考えたらわかる事です。
なのにコソコソ口説くということは、そもそもツレの女性を含め私をも、馬鹿にしているかナメているとしか思えないわけです。
女性から口説かれた場合は仕方ありません、それは事故です。しかし店側から口説くという事は、この女口説いたらいけそうと思うから口説くわけで、女性も完全に馬鹿にされています。
いくら料理が美味しくても、スタッフの接客が良くても、こんなヤツがやってる店は、必ずと言っていいほどに潰れています。
実際に3軒のうち2軒が消滅しました。
まだ1軒残っていますので、今日から毎日、怨念を送りたいと思います。
ナンマンダブナンマンダブ、アーメン



殿のVALU https://valu.is/15800









殿にチップ→ 19A7a15L8ZHdfeBjwW8TM82cHiBKxu7YPB

笑福亭鶴瓶

笑福亭鶴瓶がおかしいのです。
おかしいというのは面白いのではなく、変になっているのです。
気持ち悪いのです。
ピコ太郎の小坂大魔王と同じぐらい、見ていて吐き気のする、嫌悪感のある、速攻チャンネルを変えたくなるタレントとなってしまったのです。
その昔、まだ東京進出していない頃の鶴瓶は、本当に面白かったのです。
当時、彼は東京の番組に出演し、ケツを出した事で一切東京では出入り禁止になったのだと、アウトローな一面を醸し出しながらも、大変頭の良い知的なトークから、愛くるしい和かな笑顔とは裏腹に、やんちゃな側面が見え隠れし、とても好きな芸人の1人でした。
ずっと出入り禁止だった東京へ、晴れて進出した当時も、ファンの1人として、とても嬉しかった事を覚えています。
ところが、いつの頃からか、鶴瓶の立ち位置がおかしくなってきました。
特に、超綿密な下調べをした後に対談するというトーク番組が増えてきたのです。
「鶴瓶=めちゃめちゃ何でも知っていて理解力のあるMC」という立ち位置になっているのです。
そもそも対談というものは、演出として視聴者に見せるための対談と、MCが聞きたい事を視聴者に代弁して聞いているところを見せる対談との2種類があると思うのです。
MCは勿論、いずれもある程度の下調べは必要です。
しかしある程度で良いと思うのです。
あまりにも知り過ぎていては、話の中で自然な驚きもなければ、対談が作り物のようなフィクションぽさが感じられて仕方がないのです。
ここ最近の鶴瓶は全てがそんな感じで、アイドルだろうが俳優だろうが、誰のことでも何でも知っている素晴らしい理解者で良い人的な立ち位置に立っていて、とても気持ち悪く感じます。
対談前にその相手の親や周囲の人と会って、先回りして話を聞いてきているなんて、下調べし過ぎで悲しくなります。
「どんなけ調べとんねん、暇かおまえは」と言いたくなります。いや実際テレビに向かって言っています。
そもそもそこまで何でも知っているのなら、もう対談相手はそこに必要ないのではないでしょうか?
全部鶴瓶が代弁したらいいじゃないですか。
まぁ、プロデューサーの意思なのか、彼の意思なのかわかりませんが、とにかく見ていて苦痛です。
だから見かけたらすぐにチャンネル変更するように心がけています。



殿のVALU https://valu.is/15800









殿にチップ→ 19A7a15L8ZHdfeBjwW8TM82cHiBKxu7YPB

優先席の子供たち

満員電車で座る事が出来ず、仕方なく優先席の前に立っていた時の事です。
次の駅で、私の目の前の席が1席空いたので、隣に立っていたお婆さんに「どうぞ」と言って、座ってもらうように促しました。すると、そのお婆さんは隣にいた孫らしき小学生の子供に「座りなさい」と言って座らせたのです。
子供というものは、エネルギーが有り余っている年代です。
意味もなく走り回ったり、飛んだり跳ねたりと、全く無駄な動きをしてエネルギーを発散する連中です。
このお婆さん、いやクソババアは、全く座る必要のない元気すぎる年代の人間を座らせたのです。
まぁ孫が可愛いのでしょう。足腰が弱っている自分が座らず、元気な元気な孫に座らせるのですから。
しかし私からすれば、こんなヤツに座らせるぐらいならわざわざ譲ってませんし、なんとなく損をした気分になりました。
そもそも私の旅の荷物は7〜10kgもあります。
荷物は床や網棚には置きたくありませんので、肩がとても痛いのです。だからなるべくなら座りたいのです。
なのに手ぶらの元気すぎるクソガキが座っています。しかも座って足をピコーンピコーンしています。
思いっきりトイレのスリッパでクソガキの頭を殴ってやりたい衝動にかられましたが、トイレのスリッパを持ち合わせていませんし、よく考えてみたらクソガキに罪はありません。
隣のお婆さんが悪いのです。
さすがにお婆さんの頭をトイレのスリッパでフルパワーで殴るわけにもいきませんし、トイレのスリッパを持ち合わせていませんので我慢致しました。

それから数日後の事です。
また満員電車に乗ると、優先席に子供がずらーっと3人、そしてその隣には親らしき30歳ぐらいの大人が2人並んで座っていました。
目の前には私を含め老夫婦や中年のおばちゃんらが立っています。
老夫婦は80歳ぐらいでしょうか、ヨボヨボです。
この光景を見て、何とも思わないのでしょうか。後ろめたいとか、申し訳ないとか、何か感じるのが普通じゃないでしょうか。
しかも優先席です。
優先席にエネルギーが有り余った子供が「疲れた〜」と言い座り、30歳の親が目の前のフラフラの老人や中年のオッサンやオバチャンを完全に無視して堂々と座る。
しかも中国人ではなく日本人です。
何回も言いますが、子供はエネルギーが有り余っているのです。
年寄りは立ってるだけでしんどいのです。
子供の「疲れた〜」は老人からすると3歩ほど歩く程度の疲れです。
子供なんて座る必要ないのです。
この場合、子供3人を立たせて、老夫婦とオバチャンに席を譲るべきです。
理想は30歳の親も立つべきですが、最低でも元気な子供を座らせる必要はありません。
ところが、世の中には、子供を立たせて自分が座る親は少ないと思います。
またそんな事をすると世間から虐待だとか何とかと叩かれそうです。
冒頭のお婆さんと同じように、ほとんどの親はエネルギーが有り余ってる子供を座らせるでしょう。
本当に矛盾していると思います。



殿のVALU https://valu.is/15800









殿にチップ→ 19A7a15L8ZHdfeBjwW8TM82cHiBKxu7YPB

帽子を被る目的

帽子を被る目的とは何でしょうか。
人によって異なる理由があると思いますが、以下のような理由が考えられます。

1、オシャレ、ファッション
2、直射日光から頭部を保守
3、安全上、業務上
4、ハゲ隠し
5、その他

1のオシャレ、ファッションが基本的に本来の帽子を被る理由ではないでしょうか。
洋服などの身につける衣服や下着でさえも、防寒など外気から身を守る目的はあるものの、それ以上に他人に良く思われたいという自己表現の為であって、誰からも見られない場では、どんなにダサいファッションであっても、防寒や安全などその次の目的が主目的となります。
誰にも見られないのなら、多少破れた服でも良いと思ったり、裸足で野原を歩く場合に、石や木々で足を怪我する事を防ぐ意味で靴を履きますが、その場に他人がいる場合、どうせならオシャレでカッコいい靴を履きたいと思うのと同じ発想となります。
2の直射日光から頭部を保守する目的で帽子を被る人については、母親に言われてわけもわからず野球帽を被っている少年や、頭の禿げた老人です。
3の安全上や業務上に関しては、ほぼ職場でのスタイルとなります。
もしくは冒険家や過激派などが被るヘルメット的な帽子です。
4のハゲ隠しはその名の通りです。
ところが、オシャレやファッションで帽子を被るのではなく、はたまた直射日光からの保守や安全上や業務上、ハゲ隠しで帽子を被っているわけでもない、5のその他の人種が存在するのです。
その他と表記した理由は、私にはサッパリその目的が理解できないからなのです。
理由もなくただなんとなく被っている人がいるのです。
そもそもインタビューしたわけではありませんので、彼らに聞いて見ないとわからないのですが、それにしても想像がつかないのです。
もしかしたら彼らはオシャレだと思って被っているのかも知れません。しかしダッサいのです。
ダサいし絶対に被らない方がマシなのに、何故か被っているのです。
よく食事を、ただ流し込めさえすれば、何でもいいという考えの人がいますが、あれと全く同じ考えではないでしょうか。
とにかく帽子を被ってさえいれば、ダサかろうがブッサイクだろうが何でもいいという考え方なのでしょう。
もしかすると、寝ぐせを直すのが面倒くさいので帽子を被っているのかも知れません。
メイクが面倒なのでマスクをするのと同じです。
それなら何となく理解できます。
4のハゲ隠しに近いかも知れません。
しかしそれでも自分に似合うオシャレな帽子を選ぶと思うのですが、とにかくダサいのです。
私はただ流し込むだけの食事をするぐらいであれば、食べない方がマシという考え方ですので、帽子に関しても、やはり似合うものを被りたいですし、似合わないものなら被らない方を選びます。



殿のVALU https://valu.is/15800









殿にチップ→ 19A7a15L8ZHdfeBjwW8TM82cHiBKxu7YPB

食パンのミミ

子供の頃、食パンのミミの存在価値が理解できず、いつも食べずに残していました。
すると母親が、私が残した食パンのミミばかりをフライし、砂糖をふりかけて食べさせてくれたのです。
それはそれは甘くて美味しくて、私は食パンのミミとは、そのフライして砂糖をふりかけた美味しい手作りのお菓子のために存在するのだと理解したのです。

そもそも食パンとは、四角い大きなパンをカットしたものだと知ったのは、もっとずっと後の事でした。
では何故食パンのミミを食べなかったのでしょうか。
硬いから、それもあるかも知れません。
しかしそれよりも手で持つ部分だからという方が強かったと思います。
手で持つ=汚い、そんな理由だったと思うのです。
手を洗えば良い事なのですが、アホな子供ですから、そんな考えは持ち合わせていません。
例えばポッキーでも、チョコでコーティングされた部分とチョコのない部分があります。
当然チョコのない部分はポッキーの持つ部分です。
だから汚いので食べませんでした。
ソフトリームであれば、コーンの部分が持つ部分です。
だから汚いので食べないのです。
おにぎりであれば、海苔の部分を持ちますので、海苔の部分は食べません。
バナナを途中まで剥いて、皮を持って食べ、最後に皮を捨てるのと同様に、手で持つ部分は食べずに捨てるのです。
アイスキャンデーの棒を持って食べ、食べ終わると棒を捨てるのも同じです。
焼鳥の串や、フランクフルトの串を捨てるのと同じなのです。
焼トウモロコシの取っ手の部分と同じなのです。
きのこの山の茎の部分も同じです。
鶏モモステーキの骨の部分も同じです。
コーヒーカップに取っ手があるように、食パンのミミも、おにぎりの海苔も、ポッキーのチョココーティングされていない部分も、バナナの皮も、焼鳥の串も、フランクフルトの串も、きのこの山の茎も、鶏モモの骨も、みんな手が汚れないように、また手に付着した細菌が口に入らないように、存在しているのだと信じていたのです。
こういう取っ手のない食べ物を食べる場合は、汚いですし、また手も汚れます、だから箸やフォーク等といった道具が必要となります。
小枝やキットカット、カール、ポテトチップス、チョコフレークなど、持つ部分のないものは、箸やフォークで食べていました。
シュークリームのように周囲が持つ部分で、中身が食べる部分のものはなかなか大変です。
あんぱんも肉まんも同じです、持つ部分が多すぎるのです。
結局徐々に歳を重ねていき、それが持つ部分では無く食べるものということを知るのですが、今でもその当時の名残が残っていて、おにぎりは海苔の部分を最後の最後に食べますし、食パンのミミも最後の最後に珈琲に浸して食べています。
きのこの山の茎も、ポッキーのチョコのない部分も、そしてそれが案外美味しいということに気付くのです。


殿のVALU https://valu.is/15800









殿にチップ→ 19A7a15L8ZHdfeBjwW8TM82cHiBKxu7YPB

田舎の電車で立ってる人なんなん

田舎のガラガラの電車で座らずに立ってる人あれなんなん?
かっこつけてるん?痔なん?
知らんけども。

2017年9月7日木曜日

ダイソーに言いたい事

ダイソーによく行きます。
ところがダイソーで買い物をすると、ホームセンターで買い物をした時みたいに、手が汚れます。すぐに手を洗いたくなるのです。
実際に顕微鏡で見たわけではありませんので、汚れているのが見えているわけではないのですが、ホコリがついた感じがして、手を洗いたくなるのです。
おそらくあれだけの商品数ですから、一品一品毎日掃除するわけにはいきません。
当然ですが、日々ホコリが積もってまいります。これは仕方がない事です。
コンビニのように商品が回転しているならまだしも、ずっと売れずに置いてある商品だって数多くあるのですから、ホームセンターと同様に、ホコリが付着して当たり前なのです。
それを掃除しろと文句を言っているのではありません。
そら理想はホコリがない方が良いに決まってるのですが、あれだけの商品数をしょっちゅう掃除しようと思えは、これまでより人件費が多くかかってしまいます。
それはさすがにダイソーも嫌でしょうし、わかってたらやってるはずです。
客にしても多少ホコリっぽくても誰も文句は言わないでしょう、100円ですし。
なのでレジのあと、出口付近に手洗いを設けてもらえれば最高だと思うのです。
私はいつもダイソーの後はトイレを探し、手を洗っているのですから。
そういえば友人がダイソーの店舗設計をやっているそうです。早速提案してみます。


殿にチップ→ 19A7a15L8ZHdfeBjwW8TM82cHiBKxu7YPB