2018年7月28日土曜日

両面テープの真実

両面テープというと、あまり強力な接着力ではないけれど、簡易的に貼り付けるには丁度良いという、そんな印象があります。
しっかりと貼り付けたい場合には、両面テープを選ぶ事はありませんでした。
先日、友人からiPhone用のバンカーリングをプレゼントされ、付属の両面テープで貼り付けたのですが、貼り付けてすぐにリングに指を通してiPhoneをグルグルと振り回していると、スポッと両面テープが剥がれて、iPhoneが飛んで行ってしまったのです。
その後、なぜか何回貼り付けてもすぐに取れてしまいました。
その後、もっと強力な両面テープを求めてホームセンターへ行きました。
そこで、もうスポッと抜けるのは嫌なので、一番強力な両面テープを探す事にしたのです。
色々と見ていくうち、これまで想像もしなかった両面テープの新事実を知る事となりました。
その新事実とは、両面テープは、貼り付けてから24時間を経過した後に、一番強力な接着力となるという事らしいのです。
そんな事、これまで知らずに生きて来ました。
接着剤なら理解できます。
両面テープの接着部分も、接着剤のように、時間の経過とともに接着力が変わるなど、誰が想像したでしょうか。
これは衝撃的でした。
あまりにも衝撃的だったのであちらこちらで言いまくってます。

透明なエレベーター

よくガラス張りのエレベーターを見かけます。
エレベーター本体がガラス張りというわけではありません、エレベーター本体を囲む壁がガラス張りなのです。
展望の素晴らしい風景を見せるためのガラスではなく、ただ単に「なんとなくおしゃれ」のためのガラス張りなのです。
設置当初は、新品で綺麗ですし、見た目も美しいのです。でも月日が経過すると、エレベーター本体の上にホコリが積もっているのが、外から丸見えになります。
ハッキリ言ってめちゃくちゃ汚いだけなのです。
掃除もなかなか出来ないでしょうし、こうなる事は設置時にある程度予測できたはずです。
通行人からすれば、朝から汚い機械を見せつけられて不快なだけです。
イキってガラス張りにしたのならば、そのまま放置するのではなく、責任を持って年に1回でも掃除をしてほしいものです。
それとよく似た物で、大型ショッピングモールなどの店内モニュメントも同じ事が言えます。
下から見たら何とも思わないのですが、そういうモニュメントは大体がエスカレーター横に設置してあり、上の階から見た時に、ホコリがモロに見えて、物凄く嫌な気持ちになります。
確かにこれも、掃除は大変でしょう。
掃除の度に足場を組む必要がありますし、コストもかかります。
でも当初イキって後先考えずに設置したツケが回ってきているのですから、責任を持ってメンテナンスをお願いしたいものです。
ガラス張りのエレベーターにしても、大型モニュメントにしても、ホコリの積もった物を見つけると、その建物の管理者が、だらしないしょーもない人なのだと皆思っているのです。

毛虫の謎

とある飲み会の帰り道、同じ方向だった友人と最寄駅から電車に乗って帰ろうと切符を買っておりました。
その友人は、滅多に電車に乗る事がないらしく、色々と私に聞いてきます。
決して私も電車に詳しいわけではありませせんが、毎日毎日電車であちらこちら移動しておりますので、少しなら彼の疑問に答えてあげることもできるでしょう。
すると円らな瞳で私を見て彼がこう言います。
「切符の機械の毛虫みたいなのん何です?」
「ん?毛?毛虫なんかおるけ?」
私が聞くと、彼はすぐに券売機に駆け寄って、指を指して見せてくれました。


「えーーーーー!!!ほ、ほんまや!!」
確かに毛虫みたいなのんが付いてます。
「なんじゃこらぁぁぁ!」
2人とも酔ってるせいか、ちょいテンション高めです。
すぐに駅員に聞いてみました。
「券売機の毛虫みたいなんなんすか!!」
すると、その駅員さんも中から飛び出してきて、毛虫風を触りながらこう言います。
「んーー、えーと、これはですね、んーー」
どーやらこの人も知らないようです。
「んーと、んーーと、なんやろねこれ」
めためた悩んでますやん!!
「ええわええわ、サーセンサーセン、また聞いといてくざさい」
そう言い残して、我々2人は電車に乗り込みました。
山陽電鉄姫路駅に着いて、ここでもう一度駅員に聞いてみる事にしました。
姫路駅の駅員なら知っているはずです。
「すみません、券売機に毛虫みたいなんついてるんですけど、あれなんすか?」
すると明らかに質問慣れした雰囲気でこう言われました。
「あれはですね、お年寄りの方なんかが、1万円札などを入れられて、釣りのお札が出た時に、機械にピッタリ沿って出てくると、それに気付かれない事が多くて、札と機械の隙間をあえて開けれるように付いてるんです」
「ほぅぅ」
さすが姫路駅の駅員です。
きっとこれまでにも何回も聞かれてるのでしょう。
サッと回答が出てきました。
しかも理由が判明してすう〜っとしました。

未読スルーの人達

LINEを送っても、全く既読にならない人がいます。
先日、とある女優が「ついつい友人に対してやってしまう事」として、この未読スルーを告白していました。
つい友人には甘えてしまって、返信はおろか既読すらしないのだそうです。
そしてインタビューの最後に、堂々と「これからもやり続けます」と笑顔で言うのです。
狂ってます。脳が腐っているのです。
どういう神経でこれを堂々と笑顔で言えるのでしょうか。
確かに女優ですから美人です、美人だから許されるのでしょうか。
そして何故、彼女の友人達も、それを許しているのでしょうか。
女優だから?
美人で女優だから許しているのですか?

私の友人にも何人かこういう人がいます。
周囲の人間は、あの人はそういう人だからと諦めています。
諦めて、それでも友人関係は続けているのです。
なんで?
これを許している友人達も完全に狂っていませんか?

常識がなさすぎませんか?
その人に、用事があるからLINEを送ります。そして何日も全く既読にならず、かなりの期間が経過して、既読になり、そして返事がきます。
焦らしてるのでしょうか。
返事を勿体ぶって、値打ちを上げたがっているのでしょうか。
基本的に、どんな内容でも返事は早い方が良いに決まってます。
すぐにとは言わなくてても、早ければ早い方が有り難いのです。
せめて、返事に数日必要なので待って欲しいという旨の仮の返事をするのが常識です。
それすらなく、とにかく放置し、忘れた頃に返事をする人。
何回かは、注意をします。
しかし注意をしても変化がない場合は、もうこちらから連絡する事はありません。
人間的にかなり嫌いになります。
それが普通だと思うのですが、それを許している人達は、その本人に何か媚びているようにしか見えないのです。

コンフォートホテル堺(朝食バイキングの謎)

ホテルの無料朝食をよく利用しますが、そのほとんどがバイキング形式となっています。
ホテル側として、大量に食べてもらうためではなく、セルフ方式にする事で、人件費を浮かせる事のできるバイキング形式を取りたいわけです。
そして私達も、決して朝から腹一杯に食べたいわけではなく、たまたまホテル側の都合でバイキング形式なので、ついつい食べてしまうという訳なのです。
といっても、私を含めて殆どの人は一度取った料理を食べて終わりです。決しておかわりのために席を立ったりはしません。
たまに外国の人や、欲どおしそうな主婦が何度も何度もおかわりしていますが、あれは見ていて、部屋着やスリッパのまま朝食会場に来た人と同じぐらい恥ずかしい光景です。
見かけると思わず目をそらしてしまいます。
そのバイキング形式で少し不思議に思う事がありましたので、ペンを取らせていただきました。
いつも利用する南海電鉄堺駅すぐにあるコンフォートホテル堺での事です。
ある朝、いつもの朝食コーナーへ行くと、大幅にバイキングの料理の配置換えがされておりました。
以前なら、皿、箸、ペーパーナプキン、爪楊枝、ドリンク、サラダ、惣菜、おにぎり、パン、スープ、デザートという順に配置されており、それを順番にチョイスし席に置き、最後にドリンクとデザートを取りに行くというパターンでした。
このホテルの朝食は、トレイが設置されていないので、皿やスープを持つと手が塞がってしまい、一度に持てないので、ドリンクとデザートを後から取りに行っておりました。たしかにそれは手間ではあるのですが、でももしトレイさえあれば、丁度順番に取っていけば食べる順番に取れるわけで、そういう意味ではストレスがなかったのです。
ところが、その配置換え後は、皿、ペーパーナプキン、爪楊枝、おにぎり、パン、惣菜、スープ、ドリンク、デザート、サラダという順に配置されていたのです。
これは非常にストレスを感じました。
そもそもバイキングというものは、食べる順番に料理を取りたいのです。
なのに、最初に食べたいサラダが最後なんて無茶苦茶です。許せません。
こんな配置になったせいで、毎回食べ始めてからスープを取り忘れていることに気付いたり、デザートを取り忘れていたりとミスが目立つようになりました。
何度もホテルの従業員には、今回の配置換えは失敗である旨を、伝えてはいるのですが、全く対応してもらえないのが残念で仕方がありません。

結局のところ人は皆、バイキング形式では、食べる順番に並んでいてほしいものだとうことがよく理解できました。
この堺のコンフォートホテルが変に配置換えしたおかけで、その事に気付かせていただきました。
確かに、他のバイキングでもそのように、サラダ、前菜、メイン、デザートという風に、食べる順に並んでいる事が多いですし、その方がストレスを感じません。
今思えば、配置が無茶苦茶なホテルには、いつのまにか宿泊予約さえしなくなっています。
コンフォートホテル堺も、これまで最低でも月に2〜3泊はしていましたが、今後は減ってくるような予感がします。

2018年7月16日月曜日

反ウォシュレット派の人達

今後代々語り継がれていくであろう日本人が考えた最高のアイデア商品の1つ、それがウォシュレットです。
私が初めてウォシュレットと出会ったのは、今から30年程前、鳥取のホテルへ泊まった時でした。
初の洗浄体験は、とてもセンセーショナルで衝撃的だった事を思い出します。
思わず「うほっ」と声が出た事を今でも鮮明に記憶しております。
それから30年が経過し、今やウォシュレット無しのトイレはストレスしかありません。
精神的にも肉体的にも、あんな苦痛は、出来るならば味わわずに生きていきたいとさえ真剣に考えてしまいます。
今や日本のみならず、世界中で使用され、そして私のように「ウォシュレットのトイレしか無理」というファンを増やし続けているのです。
ところが先日、反ウォシュレット派の人と飲む機会がありました。
しかも反対派が2人、賛成派は私1人です。
この2人は、絶対にウォシュレットが嫌だと言うのです。
もうこの時代にこんな人が2人も身近にいた事が衝撃的すぎます。
1人なんて、家のトイレがウォシュレット式であるにも関わらず、一度も使った事がないというから驚きです。
しかも2人とも使わない理由が「不衛生」だと言うのです。
「ケツの穴にウンコ擦りつけてるキミらの方がよっぽど不衛生やがな実際、クサッ!クサッ!」
しかし彼らは、自分専用ならまだしも、公衆トイレなどの誰が使ったかわからないウォシュレットが汚から嫌だと言うのです。
ウォシュレットの噴射部分に、他人の便がついているから嫌だと言うのです。
「しゃーけどケツウンコまみれのキミらの方がよっぽど汚いで実際、クサッ!クサッ!」
いくら言ってもわかってもらえないので、大変白熱した飲み会となりました。
あーおもろかった。

2018年6月8日金曜日

名探偵コナンと羽生結弦

なぜ女性は名探偵コナンと羽生結弦が好きなのでしょうか。
この2人の悪口を言おうものなら、即ブーイング、そして袋叩きとなります。
ハッキリ言って実際は、どちらも胡散臭いのです。
まず名探偵コナンは画力が低すぎます。
登場するキャラクターは前髪が飛び出しすぎですし、正面からの顔と横顔が異なりすぎています。特に鼻のライン、あれば酷いの一言です。
更にストーリーにもかなり無理があります。
まず毛利小五郎の口パク、アレいつまで騙し続ける気なのでしょうか。てかなぜ周囲の誰もが、毛利小五郎の口が動いていない事に気付かないのでしょう。
しかも毛利小五郎は、通算53回も首に麻酔針を撃ち込まれているのに、首に傷跡すら残っていません。
とにかく子供騙しの漫画なのです。
リアルさが全くない漫画なのです。
次に国民的スター、スケート界の貴公子、羽生結弦。
どう見てもオカマ、キモいクネクネ男子で計算高く、しかも全てが演技です。
大した怪我じゃなくても、演出のために大げさに包帯を巻いたり、マスコミをシャットアウトして深刻な怪我を装ってみたり。
「あんな怪我をしていたのに、なのに頑張って努力して金メダルを取って凄い!」
と人に言わせるための演出に決まってます。
女子はこういう少女漫画の登場人物的なストーリーが好きなのです。
宇野昌磨は天然で自然体で男子皆に好かれているのですが、羽生結弦はハッキリ言って男子はほぼ全員が嫌っています。
ところがこんな悪口を言おうものなら、女子から即ブーイングの嵐、袋叩きの刑です。
だから言いたくても一切言えません。
ずっと我慢しています。
女子のいない男子会の時にだけ、名探偵コナンと羽生結弦の悪口を言って盛り上がるのです。
そして皆楽しそうにお酒を飲むのです。
皆、水を得た魚のようにイキイキとしています。

ミニクーパー

阪神高速を走行していると、ミニクーパーが追い越して行きました。
ふと車番を見ると「11-32」(いいミニ)だったのです。
「おぉぉ!」
私は小さくガッツポーズをしました。(´◡͐`)

割り込み乗車する少年

新開地から山陽電車に乗った時の事です。
降車する人の群れを待って、先頭で電車に乗り込もうとした時、後ろにいた高校生が背後から私の前に割り込んで、電車に飛び乗りました。
よほど座りたかったのか、たまたま空いていた1席の空席に駆け寄って、誰よりもいち早く座ったのです。
電車を待っていた群れの中には、お年寄りもいました。
高校生は、おそらく5~6人をごぼう抜きして席を確保したのです。
どういう風に育てたらこんなクズのような人間が誕生するのでしょうか。
彼はガンツに出てくる性格の歪んだ中学生、西野のような顔をしています。
自分さえ良ければ他人はどうでも良いのでしょう。
こんなヤツは、1日でも早くこの世からいなくなって欲しいと思いました。

アンコールという儀式

ミュージシャンのコンサートで「最後の曲です」と最後の曲を披露したにもかかわらず、一旦サッとはけた後、必ず客席からアンコールがコールされ、そして当たり前のように再登場して曲が披露されます。
もう毎回毎回、誰もがやっている事なのだから、いっそのことみんなアンコールを辞めたらどうでしょうか。
そもそもミュージシャンもアンコールを含めて曲を準備しているわけですし、会場が思いの外盛り上がったからアンコールがコールされて、それに応えるために特別に曲を披露するわけではないのですから、必要ない気がします。
一旦はける時間無駄じゃないですか?
休憩なのでしょうか。
全く無駄な儀式です。

2018年5月31日木曜日

匂いと恋愛

男性は皆、キレイな女性はいい匂いだと信じています。
そしてブサイクな女性は臭いと思っているのです。
ところがキレイに女性もブサイクな女性も、人間なので臭いのです。
でも街でキレイな女性とすれ違った時、とてもいい香りがして思わず振り返ってしまうことがあります。
やはりキレイな女性はいい匂いがするのです。
だから頑なにそれを信じているのです。
そしてそのキレイでいい匂いの女性と恋愛に発展し、同棲したり結婚したりして、生活が始まると、実は臭い事に気付くのです。
同じ人間なので、臭くて当たり前なのですが、勝手にいい匂いだと信じていただけなので、身内になってしまうと現実を知り嫌になるのです。
だから身内以外のキレイでいい匂いの女性が気になるのです。
それが男なのです。

2018年4月26日木曜日

女性の老化現象

山陽電車に乗っている時の事です。
明石を過ぎたあたりから乗ってきた夫婦らしきオッサンとオバハン、年齢は55~60ぐらいでしょうか。
もうオバハンという表現にピッタリなガラガラ声の魔女風の顔をした細身のオバハンです。
私の隣に座りました。
2人は会話し続けています。
別にそれは仲睦まじくて良いことなのですが、とにかくオバハンの動きが激しすぎて迷惑なのです。
何故喋っているだけなのにこうも腕や体を動かすのでしょうか。
まぁそれがオバハンといえばそれまでなのですが、このオバハンは、iPhoneを持つ私の左腕に何度も何度も手が当たり、その度にiPhoneを落としそうになっているにも関わらず、全くそれに対しては気にしている様子もなく、永遠にその無駄な動きを続けているのです。
こんなオバハン初めて見ました。
もしかして右手の感覚が麻痺しているのでしょうか。
老化して人にぶつかっている事すら気付いていないのでしょうか。
それともわざとぶつけているのでしょうか。
そもそも口だけ動かせば会話はできるはずなのに、何故そんなに腕や体を動かしてしまうのか、それだけでも充分気持ち悪いのに、他人にバシバシ当たっていても気にも止めないその獣のような感覚には驚かされます。
しかもiPhoneがバンバン揺れているのは見えているはずです。
いやiPhoneとそのオバハンの距離は30〜40cmです、絶対に見えています。
もしも私が左手にiPhoneではなく熱々のコーヒーを持っていたとしたら、どうしたのでしょうか。
このオバハンだけは、真剣にはよ死んでほしいと思いました。

2018年3月24日土曜日

部下とメシを食う事

あなたは仕事上の関係者、特に部下とメシを食っているでしょうか。
毎月何人もの社長と食事をしますが、その殆どの社長が、直属の部下とは食事をしていませんでした。
この場合の直属の部下とは、組織上自分の真下にいる部下の事であって、その部下のさらに下の部下ではありません。
私は仕事上、それぞれの社長の直属の部下の人とも毎月食事をしていますので、彼らがいま何を考え、どう思っているのかをほぼ把握しています。
しかしその彼らの上司である社長達は、全く彼らの事を理解していないのです。
聞くと、もう何年もその部下と2人では食事をしていないと言うのです。
そしてその殆どの人が部下の事をあまり良い評価していません。
殆どの社長は、直属の部下の事をこう言います。
「いやぁ、まだまだやな」
確かに完璧な人なんていませんし、そもそもそう言うあなたは完璧な社長でもありませんし、会社も完璧ではないのです。だから完璧な社員が来るはずもありません。
当然まだまだなのです。
でもそのまだまだな社員のおかげでメシが食えているのです。感謝しなければならない立場なのです。
なのに殆どの社長は、直属の部下のここがアカン、あそこがアカンと文句しか言いません。
そんな風に思っているから、部下と食事に行こうとも思わないのではありませんか?
ではその部下はどうでしょう。
面白い事に99%以上の部下は社長と食事に行きたがりません。
うざいからが一番の理由です。
何故うざいのか、当然それは前述のように自分を見ている上司だからです。
部下は、上司や社長が自分をまだまだやと思っている事を感じ取っているのです。
いくら上っ面だけでも部下に感謝の言葉を言っていたとしても、本音は伝わるのです。
給与や待遇だけでも自分の評価はわかります。
仮に食事に行ったとしても、上から目線で仕事の話をされても鬱陶しいだけですし、説教なんてされたら一生一緒に食事なんて行きたくなくなります。
いかなる仕事でも、売上の一番の根拠は「やる気」です。
社員にやる気がないと間違いなく売上は上がりません。
社員がやる気になって初めてそこがスタート地点なのです。
なのに社長から感謝もされず、感謝どころか逆に文句を言われて、どうしたらやる気になると言うのでしょうか。
これまで退職していった人たちが、共通して語った理由が「社長に褒められた事がない」でした。
当然殆どの社長は直属の部下の文句しか言いませんし、感謝もしていませんし、褒めるわけなどないのです。
だから皆やめていくのです。
社員が辞めて困るのは自分なのです。
辞められて困るなら部下に感謝する事です。
社長1人では何もできないですし、実際に社員がいるから助かっているのです。
だから月に一度は仕事の話は抜きにして一緒に食事に行くのです。
そして褒めてあげてください。
その社員が、また社長と食事に行きたいと思える会にしてください。
絶対にそこで文句を言ってはいけません。
社長と食事に行く事をうざいと思わせてしまっては、全てが無駄になってしまいます。
しょーもない話でいいので、毎月継続して食事会を実施してください。
きっと素晴らしい会社になります。

言いなりな従順ペット

とある居酒屋で1人飲んでいる時の事です。
隣に座ったカップルの会話が耳に入ってきました。
別に聞きたいわけではありませんが、聞こえてくるのですから仕方ありません。
2人で何を注文するか考えているようです。
彼女がポンポンと食べたい物を言います。
彼はその度に「いいね~」と言います。
ところが、たまに彼が食べたい物を言と、その度に彼女は「えーーー」と嫌そうにするのです。
すると彼は「だよね、だよね」と肯定するのです。
「言いなりかいっっっ」
また彼女が食べたい物を言います。
すると彼はまた「いいね~」と言うのです。
すると間髪開けず彼も続いて食べたい物を言います。
また彼女が「えーまじで」と答えます。
そしてまた彼は「だよねだよね」と言うのです。
「言いなりなんかいっっっ、惚れてるんかいっっっ!!!」
なんか聞いているだけで物凄く疲れました。
しんどいのでホテル帰って風呂入って寝ます。

変な話

なぜ東京の人はすぐに「変な話」と言うのでしょうか。
聞いてみると全く変ではないのにです。
たまには変な話の時もあるのですが、だいたいは変な話ではありません。
でもすぐに「変な話」と言いたがるのです。
きっとカッコイイと思っているのでしょう。