2020年9月20日日曜日

カップラーメンの蓋

3分待って、カップラーメンの蓋を剥がして開けるとき、できるならば水滴のついた蓋の裏側を、内側に折り曲げてゴミ箱へ捨てたいのに、何故か蓋が毎回反対側へ反ってしまい、無理に裏面を内側になるように折り曲げると、ペコッとなって水滴が飛び散るのです。 そして毎回ものすごくイヤな気持ちになるのです。 もしも素直に、蓋の自然体のままに、内側が外になるように折り曲げてしまうと、ゴミ箱の内側に設置してあるビニール袋の側面に、水滴のせいで貼り付いてしまうのです。 それが物凄くイヤなのです。 なるべく蓋の内側が、どこにも触れないように捨てたいのです。 これはどのカップラーメンでも同じです。 では何故こんな構造になっているのでしょうか。 昔、蓋を全部剥がしてしまわずに途中まで開けたままカップラーメンをすする人がいました。 ワイルドというべきか、面倒くさいのか、もしかすると今もそんな野蛮なことをやっている人が実在するのかもしれません。 私も実はそんなワイルドな食べ方に憧れた時期がありました。 しかしそんな食べ方をすると、蓋の裏側の水滴が顔についてしまったり、テーブルの上にポタポタと落ちる事もあって、非常にストレスとなってやめたのです。 しかしながら、その時には蓋の内側が外になるように反る事が有効だったのです。 しかしそれ以外は何もメリットがないように思います。 カップラーメンメーカー各社は、3分待って剥がした時、内側に反るような蓋を是非開発していただきたいものです。 もしも印刷や蓋の構造上の問題で、なんら意図せずそうなってしまっているのであれば、例えば中央部に折れ線を入れる等の方法で、開発をお願いします。 みんなきっと嬉しいはずです。 そうなるとこの嫌な社会から1つストレスが減るのではないでしょうか。

自転車の良さを知った日

これまでずっと自転車という乗り物を誤解して生きてきたようです。 徒歩と比較して、ただ単にスピードが出るだけの利点しかないと思っていたのです。 急がないのであれば、徒歩の方が楽だと思っていました。 ですから自転車は、急ぐ場合にしか乗らなかったのです。 当然急ぎますから体力を使い、その結果疲れます。 だから疲れる印象しかなかったのです。 ところが先日、急がない日に自転車に乗る機会がありました。 ゆっくりとしたペースでペダルをこぎ、1日自転車で移動したのです。 すると初めて、徒歩より楽だという事実を理解できたのです。 行動範囲も、徒歩と比べて大幅に広がりました。 素晴らしい乗り物ですね自転車。

乗り換え嫌いな人達

電車の乗り換え極端に嫌う人達がいます。 目的地まで、同じ電車1本で辿り着ければ問題ないようですが、途中JRと私鉄を乗り換えたり、同じ鉄道会社でも乗り継ぎが必要な場合、それを極端に嫌がるのです。 乗り換えをするぐらいなら、乗り換えの必要のない駅まで自転車で行くなどと言うのですから本当に嫌なのでしょう。 その駅まで自転車で行くには20分程かかるでしょうか、乗り換えに要する労力は、1〜2分歩く程度、待ち時間も合わせると5〜10分程でしょうか。 自転車のほうが明らかに大変なのに、何故そんなことを言うのでしょう。 気になったので聞いてみました。すると 「面倒くさい」と言うのです。 どう考えても自転車の方が面倒くさいはずです。 すると続けてこう言うのです。 「わざわざ電車を降りて、また次ちがう電車に乗る事自体が面倒くさい。それなら多少自転車で移動してでも、すんなり1本で到着する方が気持ちいい」と言うのです。 気持ちいいと言われてしまったら、もう言い返す言葉が見つかりません。 きっと乗り換えが不慣れなのだと思います。 あまり慣れていないから、経験数の多い自転車をチョイスするのでしょう。

2020年8月28日金曜日

サイヤ人女子

好きな男性の前では、普段の会話スタイルとは全く異なるスタイルに変化する人がいます。 声のトーンも1トーンか2トーン高くなり、舌ったらずになったり、猫撫で声になったり、言葉遣いまでもが急に変化し、方言さえなくなってしまったり。 さらには歩き方や仕草までもが全く別人となってしまうのです。 好きな男性がその場から居なくなると、一瞬にして素の姿に戻るのです。 あまりにも変化が大きすぎるので、サイヤ人女子と呼ばれています。 私の周辺にも、こういったサイヤ人女子が1人や2人ではなく何人もいます。 彼女達は、自身のそういった変化に気付いているのかいないのか、指摘しても一切変化はありませんし、また自身では一切コントロールできないような大きな力が働いているようなのです。 ある意味、好意を寄せる異性に対して、自身をよく見せたいという本能の現れなのだと思いますが、果たしてその男性が、その変化に対して実際どう思うのかが気になるところです。 その変化を全く受け入れられないという男性ならば、完全に逆効果ですし、その変化後の姿を可愛いと感じる男性ならば、思惑通りの結果だと思います。 そこで気になったので男性にアンケートを取ってみました。 アンケート 上記のようなサイヤ人女子をどう思いますか? 1、気持ち悪い無理  10% 2、可愛い好き  35% 3、美人ならオッケー 40% 4、なんとも思わない 15% な、なんと! 男性たちはサイヤ人女子のこと結構好きみたいです。 ちょっとビックリしました。

あおられ運転

今年6月からあおり運転を「妨害運転罪」として新たに規定し、妨害目的で車間距離不保持など一定の違反行為をした場合は、最大で5年の懲役又は100万円の罰金が科されることとなりました。 さらに運転免許の取り消しという厳しい処分が科せられます。 最近のニュースを見ていても、本当にタチの悪いあおり運転ドライバーが登場し、世間から注目を浴びているのも実際問題事実です。 ところが、あおられる側にもかなりの問題があるケースがある事も否めないのが現実なのです。 二車線の高速道路で、追い越し車線をとろとろと走行し、渋滞の原因を作っているマイペースな週末ドライバーなどがその典型的な例で、彼らはあおられまくっています。そして「あおられたあおられた」と声高らかに言うのです。 こんなケースで、あたかもあおった側が悪いように罰せられてしまうのはおかしいと思うのです。 あおり運転で罰則があるのなら、あおられ運転でも同様に厳しい罰則が必要なのではないでしょうか。

食レポの必要性

テレビをつけると、どのチャンネルでも毎日のようにグルメ番組が流れています。 そしてタレントが皆競い合うように気の利いた食レポをするのです。 それを見ている視聴者達は、皆「うせやん」と思って見ているのです。 そもそも食レポが上手いかどうかなんて、テレビ側の問題ではないでしょうか。 食レポが上手いと、また番組で使ってもらえるというタレントの評価基準に過ぎないと思います。 見ていて本当に美味しそうだと思うのは、気の利いたコメントを聞いた時ではなく、そのリアクションで本当に美味しそうな反応を見た時だと思います。 あとはその料理の盛り付けやデザインです。 視聴者も見たらそれが美味しいのか不味いのかぐらいはわかるものです。 気の利いた食レポを聞いたからといって、それで美味しそうだと判断する人なんていないのです。

2020年7月10日金曜日

B級映画

B級映画を見ると物凄く嫌な気持ちになります
時間を物凄く無駄使いしたような、損をしたような、なんとも言えない気分となるのです。
めちゃくちゃ後悔するのです。
腹が立ってくるのです。
なので映画を見るまでは大変です。
じっくりとあらすじを読み、口コミを見て評価を見て、それでも疑わしい場合は予告編を見て、それから見るようにしています。
損をしたくないのです。
それでも世の中の映画の殆どはB級又はそれに近い作品ではないでしょうか。
比率で言うと全体の7割ぐらい?
映画館で上映されるような作品は皆A級と言われる作品なのかもしれませんが、Amazon prime videoやNetflixに転がっている作品は70%以上がB級な気がするのです。

つい先日、20年ぐらい前に出演したことのあるヤクザ映画を、Amazon prime videoで偶然発見し、初めて観てみました。
出演しておいて一度も観たことがなかったのです。
そしたら完全にB級作品でした。
なんか物凄く悲しくなりました。

スプーンが怖い

スプーンで何かを食べていると、スプーンが奥歯に触れた瞬間にビクッとなります。
金属だからでしょうか?ビクッとなって物凄く嫌な気持ちになります。
だからあまりスプーンは使いたくないのです。
でもスプーンを使わないとしんどい料理もあります。
スープ、茶碗蒸し、炒飯、カレーライス、アイスクリーム、オムライス、天津飯、麻婆豆腐、雑炊、お粥、玉子豆腐、どろ焼、納豆がけ冷奴、
しかしながら、この中でもスープを除けばフォークで代用がきくので、私はフォークを使っています。
原因を調べてみますと、金属の詰め物をしている場合に、スプーンなどの異なる金属が唾液を介して接触すると流れる弱い電流によって起こる現象で「ガルバニー電流」「ガルバニック電流」と呼ばれているそうです。
いくら弱いとはいえ、脳からの電気信号が混乱したり、歯がこげたり、銀歯などが溶けたりする場合もあるというから侮れません。
まぁ実際問題フォークも金属なんですけどね。何故かフォークは平気な気がするのです。

2020年6月9日火曜日

人気者が憎い

人気者が憎い。
人気者は腹が立つ。
人気者には天罰がくだってほしい。
人気者は痛い目にあって欲しい。
人気者が辛い目に遭っていると嬉しい。
人気者が不幸になると癒される。
人気者は死んでほしい。
人気者はこの世からいなくなって欲しい。

こんなことを思っている人が実際に存在しているのです。
願うだけではなく、権力者は、その権力などを駆使して自ら人気者に対して嫌がらせを実行する人もいます。
人気のある人が憎くて憎くて仕方ないのです。
一般的に人気者とは、誰にでも分け隔てなく優しくて親切で明るくてプラス思考、なので人から好かれていますし人望が厚い人です。
人から愛されているからこそ人気者なのであって、ほとんどの人は人気者の事が好きなのです。
誰でも人気のある人とは会いたくなるものです。男女問わず人気者といた方が楽しいのです。
ところが人気者が憎い人は、その全く逆なのです。
人気者がこの世から消えて欲しいのです。
憎いから死んでほしいのです、人気者が死んだら自分が人気者になれると勘違いしているのかも知れません。人気者を憎いと思ってる時点で、人気者には絶対になれないのがわからないのです。
世の中が不公平だと勘違いしているのかもしれません。
人に優しく良い人だからまわりから好かれるわけで、人を恨んだり僻んだりするような人だから人気がない、これって物凄く公平だと思います。
なのにこれが不公平だと感じるのなら、脳の一部が欠落しているとしか考えられないのです。
そんな思考回路だから人から嫌われるのです。

2020年6月2日火曜日

Gメン75歩き

道いっぱいに横一列に広がって歩いている人達をGメン75と呼んでいます。
昔人気があったテレビ番組Gメン75のオープニングで、そんなシーンがあったからです。
後方からだとそんなGメンでトロトロ歩かれると、追い越すスペースもなく、本当にイライラします。
また前方からの場合、よけてくれないのでぶつかってしまいます。
いずれにしてもGメンだけは本当に腹が立つのです。
横一列に並んで歩いても、結局会話できるのは2人のはずです。
3人でも両端の2人での会話はスムーズではないはずです。
となるとGメン歩きをする意味とは一体なんなんでしょうか。
おそらくですが、それぞれがこいつの後ろだけは歩きたくないと思っているのでしょう。
なんとなく誰かの後ろを歩くという行為が、まるでついていっているような、前方の人に負けたような錯覚を起こしてしまう。かといって先頭を歩くのも違う、リーダーという責任は負いたくない、という事で、意地でも対等だと、そんな意味で横一列に歩くのではないでしょうか。
みんな横一線、同じ立場で、同じ地位だという事のアピール。それがGメン歩きの心理ではないでしょうか。
正直言ってめちゃくちゃ迷惑です。
いっそのこと全員でカニ歩きをしたらどうでしょうか。
一列になってカニのように横に歩くのです。なんなら指はピースサインしても良いでしょう。カニカニカニカニと全員で言いながらなんて楽しそうです。

2020年6月1日月曜日

腹立つエレベーター

エレベーターは便利な乗り物です。
ですが、世の中には腹が立つエレベーターも存在するのです。
姫路駅前のピオレからテラッソを通過し、姫路医療専門学校へ続く2階通路の、終着地点にあるエレベーターが、その腹が立って立って仕方ないエレベーターです。
そのエレベーターは、何故か常時2階で停止する仕様となっているのです。
誰かが乗って1階へ降りても、ルンバがホームへ戻るように、そのまま勝手に2階へ上がって停止するのです。
もしかして2階で充電しているの?
私は、ほぼ毎日このエレベーターに1階から乗っています。ところが常時2階に停止しているので、いつもボタンを押して降りてくるのを待たないといけません。
しかも何回かに1回は、誰かが上から乗って降りた直後で偶然に1階に停まっていて、駆け寄ったタイミングで、目の前で2階へ戻ってしまって、物凄く悔しい思いをしています。
そんな時、物凄く腹が立つのです。
仮に、上りか下りかでエレベーターを使うとしたら、明らかに上りだと思います。そうすると1階をホームにして、1階で停止する仕様にすべきだと思うのですが、何故なのか2階に停止する仕様となっているのです。
贅沢は言いません、1階に停まる仕様にしなくても、停まったところで停止してくれていたらそれでいいのです。
それが普通だと思うのです。
わざわざ2階へ戻る分だけ電気代の無駄だと思うのです。


汚れた猫

街を歩いていると、体がめちゃくちゃ汚れた猫を見かけました。
明らかに汚いのです。
全身汚れていて、顔も目の周りも真っ黒です。
そしてそのせいなのか、こちらに敵意剥き出しで、睨みつけているように見えます。目つきが悪いように見えるのです。
もしかしたら本当に野蛮な性格の猫なのかも知れません。
猫も野生化したらああなってしまうものなのでしょうか。
しかしよく考えてみたら、野性の動物があんな風に汚いのかというと、そうではないような気がします。
私がフォローしているinstagramの中に、野性の動物の生態を公開しているものがあって、時々それを見ていますが、どの動物もあんなに汚れていません。
ということは、動物にも綺麗好きとか気にしないとか性格があるのでしょうか。
もしかするとあの猫は、汚れている自分が全く気にならない性格なのか、もしくは自暴自棄になっていて、そんな事はどうでも良いという風になっているのでしょうか。
人間に捨てられ、グレて、猫同士でも上手くいかず、愛情に飢えて投げやりになって、汚れてもなんとも思わなくなったしまったのでしょうか。
よく豚が綺麗好きだと言いますが、だからといって豚全員が綺麗好きではないのかもしれません。
人間と同じように、豚でも猫でも、酷い目にあったり愛情を受けられなかったり、なんらかの事情で、汚れてても気にならなくなるのかもしれません。

2020年5月31日日曜日

残り香

人とすれ違ったとき、その人の残り香を感じる事があります。
汚ったないオッサンの残り香は、感じたくありませんので、私は息を止めています。
実際に匂いがしない場合でも、その空気を吸いたくないので止めているのです。
たまに「クサアッッッッ!!!!」と声が出てしまうぐらい臭い人もいます。
電車内などでは、声は出なくても毎日のように「クサッ」と思う人と出会います。
加齢による体臭や、衣服のカビ臭、足や汗の匂いなどなど、理由は様々ですが、人間なので仕方ありませんが、せめて人前に出る時は、ある程度は気にしてほしいものです。
たまに男女問わずめたくたいい匂いの人もいます。
そんな人とすれ違うと、少し幸せな気持ちになります。
ところが、私の周囲には、香水を毛嫌いする女性が何人かいて、またそんな人たちは声が大きく、いい香りの人の文句を声高らかに言っています。
確かに香水のつけ過ぎは良くはありません。がしかし、汗臭いよりは絶対に良いと思うのです。
香水反対派でも、臭くないのなら別にいいのですが、女性からオッサンの臭いが漂ってきたら、心の底からひいてしまいます。
そもそも香りとは、きっと目には見えない小さな分子レベルの物体が、空気中に漂っていて、それを鼻から吸い込んで臭うのだと思います。(きっと)
となると、くっさいオッサンから出た臭いは、きっとくっさいオッサンから出た物質が私の鼻から体内に入っているというわけで、それは本当に勘弁して欲しいわけなのです。
オッサンの物質を肺に取り込みたくはないのです。
もしもオッサンから出た物質が、肺に取り込まれて、それが吸収され、血液に混ざって体内を循環などしたら、もうそれはオッサンと融合してますやん!
考えただけでも恐ろしくなります。
早く臭いが見える眼鏡と、空気清浄機能付きのマスクを開発して欲しいものです。

木のキーホルダー

たまたま街を歩いている時、可愛い木製のキーホルダーを見つけたので衝動買いしました。
なんとなくデザインに惹かれて買ったのですが、ポケットに入れてそれを触っていると妙に落ち着くのです。心地いいのです。癒されるのです。
デザイン上、薄く張り合わせた部分があって、負荷がかかった時に一部が割れてしまったので、また偶然どこかで見つけたら買おうと決めています。

2020年4月7日火曜日

のり弁当

お弁当屋さんで不動の人気といえば「のり弁」です。
安い上に他にもおかずが入っていて、とても美味しいと人気があります。
しかしながら、どうしても違和感を感じてしまいます。
それは商品名になるおかずはメインディッシュでないといけないと思うからです。
この場合、のり弁当なのでメインは海苔なのでしょうか?
具材を見比べると、海苔ではなく白身フライがメインディッシュな気がします。
もしメインが白身フライなら、のり弁ではなく白身フライ弁当となるはずなのです。
気になったので調べてみました。
すると、今から40年以上前、当時かつおとのりをご飯に乗せて食べる「ねこまんま」が一般的な家庭でよく食べられており、それを1976年にほっかほっか亭の第1号店(埼玉県)で「のり弁当」として発売したのだとか。
その後、焼き魚を乗せるようになり、途中オペレーションの簡素化をはかって今の白身フライになっというのです。
たしかに白身フライやちくわの磯辺揚げが入っていると嬉しいのですが、なんなら昔のねこまんま風に、かつをと海苔だけのシンプルなのり弁当を180円ぐらいで販売したらバカ売れる気がします。