2018年6月8日金曜日

名探偵コナンと羽生結弦

なぜ女性は名探偵コナンと羽生結弦が好きなのでしょうか。
この2人の悪口を言おうものなら、即ブーイング、そして袋叩きとなります。
ハッキリ言って実際は、どちらも胡散臭いのです。
まず名探偵コナンは画力が低すぎます。
登場するキャラクターは前髪が飛び出しすぎですし、正面からの顔と横顔が異なりすぎています。特に鼻のライン、あれば酷いの一言です。
更にストーリーにもかなり無理があります。
まず毛利小五郎の口パク、アレいつまで騙し続ける気なのでしょうか。てかなぜ周囲の誰もが、毛利小五郎の口が動いていない事に気付かないのでしょう。
しかも毛利小五郎は、通算53回も首に麻酔針を撃ち込まれているのに、首に傷跡すら残っていません。
とにかく子供騙しの漫画なのです。
リアルさが全くない漫画なのです。
次に国民的スター、スケート界の貴公子、羽生結弦。
どう見てもオカマ、キモいクネクネ男子で計算高く、しかも全てが演技です。
大した怪我じゃなくても、演出のために大げさに包帯を巻いたり、マスコミをシャットアウトして深刻な怪我を装ってみたり。
「あんな怪我をしていたのに、なのに頑張って努力して金メダルを取って凄い!」
と人に言わせるための演出に決まってます。
女子はこういう少女漫画の登場人物的なストーリーが好きなのです。
宇野昌磨は天然で自然体で男子皆に好かれているのですが、羽生結弦はハッキリ言って男子はほぼ全員が嫌っています。
ところがこんな悪口を言おうものなら、女子から即ブーイングの嵐、袋叩きの刑です。
だから言いたくても一切言えません。
ずっと我慢しています。
女子のいない男子会の時にだけ、名探偵コナンと羽生結弦の悪口を言って盛り上がるのです。
そして皆楽しそうにお酒を飲むのです。
皆、水を得た魚のようにイキイキとしています。

ミニクーパー

阪神高速を走行していると、ミニクーパーが追い越して行きました。
ふと車番を見ると「11-32」(いいミニ)だったのです。
「おぉぉ!」
私は小さくガッツポーズをしました。(´◡͐`)

割り込み乗車する少年

新開地から山陽電車に乗った時の事です。
降車する人の群れを待って、先頭で電車に乗り込もうとした時、後ろにいた高校生が背後から私の前に割り込んで、電車に飛び乗りました。
よほど座りたかったのか、たまたま空いていた1席の空席に駆け寄って、誰よりもいち早く座ったのです。
電車を待っていた群れの中には、お年寄りもいました。
高校生は、おそらく5~6人をごぼう抜きして席を確保したのです。
どういう風に育てたらこんなクズのような人間が誕生するのでしょうか。
彼はガンツに出てくる性格の歪んだ中学生、西野のような顔をしています。
自分さえ良ければ他人はどうでも良いのでしょう。
こんなヤツは、1日でも早くこの世からいなくなって欲しいと思いました。

アンコールという儀式

ミュージシャンのコンサートで「最後の曲です」と最後の曲を披露したにもかかわらず、一旦サッとはけた後、必ず客席からアンコールがコールされ、そして当たり前のように再登場して曲が披露されます。
もう毎回毎回、誰もがやっている事なのだから、いっそのことみんなアンコールを辞めたらどうでしょうか。
そもそもミュージシャンもアンコールを含めて曲を準備しているわけですし、会場が思いの外盛り上がったからアンコールがコールされて、それに応えるために特別に曲を披露するわけではないのですから、必要ない気がします。
一旦はける時間無駄じゃないですか?
休憩なのでしょうか。
全く無駄な儀式です。

2018年5月31日木曜日

匂いと恋愛

男性は皆、キレイな女性はいい匂いだと信じています。
そしてブサイクな女性は臭いと思っているのです。
ところがキレイに女性もブサイクな女性も、人間なので臭いのです。
でも街でキレイな女性とすれ違った時、とてもいい香りがして思わず振り返ってしまうことがあります。
やはりキレイな女性はいい匂いがするのです。
だから頑なにそれを信じているのです。
そしてそのキレイでいい匂いの女性と恋愛に発展し、同棲したり結婚したりして、生活が始まると、実は臭い事に気付くのです。
同じ人間なので、臭くて当たり前なのですが、勝手にいい匂いだと信じていただけなので、身内になってしまうと現実を知り嫌になるのです。
だから身内以外のキレイでいい匂いの女性が気になるのです。
それが男なのです。

2018年4月26日木曜日

女性の老化現象

山陽電車に乗っている時の事です。
明石を過ぎたあたりから乗ってきた夫婦らしきオッサンとオバハン、年齢は55~60ぐらいでしょうか。
もうオバハンという表現にピッタリなガラガラ声の魔女風の顔をした細身のオバハンです。
私の隣に座りました。
2人は会話し続けています。
別にそれは仲睦まじくて良いことなのですが、とにかくオバハンの動きが激しすぎて迷惑なのです。
何故喋っているだけなのにこうも腕や体を動かすのでしょうか。
まぁそれがオバハンといえばそれまでなのですが、このオバハンは、iPhoneを持つ私の左腕に何度も何度も手が当たり、その度にiPhoneを落としそうになっているにも関わらず、全くそれに対しては気にしている様子もなく、永遠にその無駄な動きを続けているのです。
こんなオバハン初めて見ました。
もしかして右手の感覚が麻痺しているのでしょうか。
老化して人にぶつかっている事すら気付いていないのでしょうか。
それともわざとぶつけているのでしょうか。
そもそも口だけ動かせば会話はできるはずなのに、何故そんなに腕や体を動かしてしまうのか、それだけでも充分気持ち悪いのに、他人にバシバシ当たっていても気にも止めないその獣のような感覚には驚かされます。
しかもiPhoneがバンバン揺れているのは見えているはずです。
いやiPhoneとそのオバハンの距離は30〜40cmです、絶対に見えています。
もしも私が左手にiPhoneではなく熱々のコーヒーを持っていたとしたら、どうしたのでしょうか。
このオバハンだけは、真剣にはよ死んでほしいと思いました。

2018年3月24日土曜日

部下とメシを食う事

あなたは仕事上の関係者、特に部下とメシを食っているでしょうか。
毎月何人もの社長と食事をしますが、その殆どの社長が、直属の部下とは食事をしていませんでした。
この場合の直属の部下とは、組織上自分の真下にいる部下の事であって、その部下のさらに下の部下ではありません。
私は仕事上、それぞれの社長の直属の部下の人とも毎月食事をしていますので、彼らがいま何を考え、どう思っているのかをほぼ把握しています。
しかしその彼らの上司である社長達は、全く彼らの事を理解していないのです。
聞くと、もう何年もその部下と2人では食事をしていないと言うのです。
そしてその殆どの人が部下の事をあまり良い評価していません。
殆どの社長は、直属の部下の事をこう言います。
「いやぁ、まだまだやな」
確かに完璧な人なんていませんし、そもそもそう言うあなたは完璧な社長でもありませんし、会社も完璧ではないのです。だから完璧な社員が来るはずもありません。
当然まだまだなのです。
でもそのまだまだな社員のおかげでメシが食えているのです。感謝しなければならない立場なのです。
なのに殆どの社長は、直属の部下のここがアカン、あそこがアカンと文句しか言いません。
そんな風に思っているから、部下と食事に行こうとも思わないのではありませんか?
ではその部下はどうでしょう。
面白い事に99%以上の部下は社長と食事に行きたがりません。
うざいからが一番の理由です。
何故うざいのか、当然それは前述のように自分を見ている上司だからです。
部下は、上司や社長が自分をまだまだやと思っている事を感じ取っているのです。
いくら上っ面だけでも部下に感謝の言葉を言っていたとしても、本音は伝わるのです。
給与や待遇だけでも自分の評価はわかります。
仮に食事に行ったとしても、上から目線で仕事の話をされても鬱陶しいだけですし、説教なんてされたら一生一緒に食事なんて行きたくなくなります。
いかなる仕事でも、売上の一番の根拠は「やる気」です。
社員にやる気がないと間違いなく売上は上がりません。
社員がやる気になって初めてそこがスタート地点なのです。
なのに社長から感謝もされず、感謝どころか逆に文句を言われて、どうしたらやる気になると言うのでしょうか。
これまで退職していった人たちが、共通して語った理由が「社長に褒められた事がない」でした。
当然殆どの社長は直属の部下の文句しか言いませんし、感謝もしていませんし、褒めるわけなどないのです。
だから皆やめていくのです。
社員が辞めて困るのは自分なのです。
辞められて困るなら部下に感謝する事です。
社長1人では何もできないですし、実際に社員がいるから助かっているのです。
だから月に一度は仕事の話は抜きにして一緒に食事に行くのです。
そして褒めてあげてください。
その社員が、また社長と食事に行きたいと思える会にしてください。
絶対にそこで文句を言ってはいけません。
社長と食事に行く事をうざいと思わせてしまっては、全てが無駄になってしまいます。
しょーもない話でいいので、毎月継続して食事会を実施してください。
きっと素晴らしい会社になります。

言いなりな従順ペット

とある居酒屋で1人飲んでいる時の事です。
隣に座ったカップルの会話が耳に入ってきました。
別に聞きたいわけではありませんが、聞こえてくるのですから仕方ありません。
2人で何を注文するか考えているようです。
彼女がポンポンと食べたい物を言います。
彼はその度に「いいね~」と言います。
ところが、たまに彼が食べたい物を言と、その度に彼女は「えーーー」と嫌そうにするのです。
すると彼は「だよね、だよね」と肯定するのです。
「言いなりかいっっっ」
また彼女が食べたい物を言います。
すると彼はまた「いいね~」と言うのです。
すると間髪開けず彼も続いて食べたい物を言います。
また彼女が「えーまじで」と答えます。
そしてまた彼は「だよねだよね」と言うのです。
「言いなりなんかいっっっ、惚れてるんかいっっっ!!!」
なんか聞いているだけで物凄く疲れました。
しんどいのでホテル帰って風呂入って寝ます。

変な話

なぜ東京の人はすぐに「変な話」と言うのでしょうか。
聞いてみると全く変ではないのにです。
たまには変な話の時もあるのですが、だいたいは変な話ではありません。
でもすぐに「変な話」と言いたがるのです。
きっとカッコイイと思っているのでしょう。

折りたたみ傘

基本的に傘を持ち歩きたくはありませんが、急な雨に打たれて、ズブ濡れになる事を思えば、やむなく折畳みの傘を持ち歩くしかありません。
という考えから、数年前から傘を持ち歩いていますが、果たして年間に何回これを使用するでしょうか。
10回は絶対にないです、多くても5〜6回ぐらいでしようか。
たった年間5〜6回のために、わざわざ重い傘を鞄に忍ばせ、持ち歩く必要なんてあるのでしょうか。
しかも濡れた折畳み傘を、電車内へ持ち込む場合、変に短いので持ち方に困ります。
お店に入店する場合など、折畳み傘用の傘立てなどないので、傘立てに置くわけにもいかず、また持ち込むと濡れるので、非常に困るのです。
濡れた折畳み傘用の、完全密封バッグを売り出すか、店舗入口の折畳み傘専用傘立てを開発したら儲かるのではないでしょうか。

バスタオルの必要性

私は基本的に朝と夜2回シャワーを浴びますが、いつも夜は普通サイズのタオルで体を拭き、朝はバスタオルを使用します。
これはただ単に、ホテルには普通サイズのタオル1枚とバスタオル1枚、後はせいぜいフェイスタオルが備え付けてある程度で、宿泊客が1日に2回シャワーを浴びる設定ではないために、1度使ったタオルを使いたくないからそうしているだけで、バスタオルが2枚備え付けであれば、普通に夜も朝もバスタオルを使います。
しかしツインやダブルの部屋を取らない限り、タオルはそれぞれ1枚なので、夜は普通のタオル、朝はバスタオルをそれぞれ使用しているわけです。
人は皆、既成概念というもので洗脳されています。
お風呂上がりにはバスタオルが必要だと思い込んで生きています。
だからわざわざバスタオルを買うのです。
ところが、実はバスタオルを使用しなくても充分普通のタオルで事足りるのです。
勿論、ロングヘアーの人はそれでは足りないのかも知れません。
しかし我々のようなベリーショートの場合、普通のタオルの面積があれば、キッチリ拭き取れるのです。
実際、振り返ってみると、銭湯や温泉へ行ったらバスタオルなんて使用しません。
なんならお風呂で使用したタオルを、固く絞って身体を拭く場合もあるわけです。
子供の頃、それがなんとなく大人っぽくてカッコイイように感じた事を思い出します。
これは男性だけなのかもわかりませんが、なんとなくタオルの製造販売業社が、もっともっとタオルを売るためにハンドタオルやフェイスタオル、バスタオルと何種類ものタオルを意図的に作り出しているような気がしてならないのです。
実際、皮膚は全て繋がっているのにシャンプー、ボディシャンプー、ハンドソープなどと別れていたり、洗剤もバス用、トイレ用、食器用と別れています。
まだシャンプーや洗剤は何となく汚れの違いなどという言い分があるのかも知れませんが、タオルなんてサイズが違うだけで、素材は同じです。
ハンドタオルやフェイスタオルなんて必要あります?
特別必要なわけではなく、あってもなくても良い、ただの贅沢品に思えてきます。
そのうち足用のフットタオルとか、下半身用のアンダータオルなども発売されるのでしょうか。
なので、この先発売されそうなタオルを考えてみました。

・背中用タオル
細長いタイプ、背中もらくらく拭ける。
・耳穴用タオル
薄い作り、穴の中まで拭けます。
・陰部用タオル
柔らかな素材。
・かかと用タオル
ザラザラな研磨仕様。

2018年3月9日金曜日

竹輪

あなたは竹輪が好きですか?
これまで生きてきて、人からあまり聞かれた経験はありません。
おでんの具や天ぷらの具で、何が好きかという話で、ベスト5ぐらいにランクインする程度の事で、あまり竹輪の話題にはならないものです。
ところがです、チーズ竹輪、俗に言うチーチクとなると話は別です。
私は「チーチクがいっちゃん美味い」と、これまで何回言ってきたでしょうか。
ずっと脇役だった竹輪が、中にチーズを差し込んだだけで、一気にスターダムにのし上がるわけです。
もう一つ、それは竹輪の磯辺揚げです。
ずっとずっと脇役だったはずの竹輪が、磯辺揚げにしただけで一気にファンが増えるわけです。
チーチクの磯辺揚げなんて神です。ゴッドです。
毎日でも食べたいです。
熊本に行くと、おべんとうのヒライというお弁当チェーンがありますが、ヒライには竹輪の中にポテトサラダを詰め込んで天ぷらにしたチクワサラダというクッソ美味い惣菜があります。
最近ではその磯辺揚げバージョンや、カレーバージョンも発売されていて、私はヒライの前を通りかかるたびに立ち寄って食ってしまいます。それぐらい美味しいのです。
この現象は食パンと似ています。
ベーシックな食パンにはイマイチ陽は当たりませんが、サンドイッチにすると一気に華やかになるのです。
生というかトーストしていない食パンを、そのまま何もつけずに食べる事は158%ありませんし、食べたいとも思いませんが、そこにバターを塗って砂糖をまぶすだけで無茶苦茶美味しくなって何枚でも食べられるのです。
この現象はチーチクや磯辺揚げと同じです。
ノーマルでは全く世の中に相手にされていないけれど、少し手を加えただけでスターです。チャンピオンなのです。

2018年3月1日木曜日

麺屋坂本01

赤羽のホテルをチェックアウトし、少し時間があったので、赤羽駅の近くの本屋へ立ち寄ってみました。
そこで何気なく開いたグルメ本に、強烈に美味そうなビジュアルのラーメンあり、ページを開いた瞬間に、その写真が目に飛び込んできました。
それが王子神谷にある麺屋坂本01のラーメンだったのです。
その日は、朝食をしっかりと食べた事もあり、お腹もすいてませんでしたし、特にランチを食べるつもりもなく、少しぷらぷらしたら千葉へ移動するつもりだったのですが、その場所から10分ぐらいの距離だった事もあり、とにかく向かってみる事にしました。

東京メトロ王子神谷駅を下車し、10分程歩いたところに麺屋坂本01はありました。
ラーメンの看板はなく、お好み焼店の看板でした。
お好み焼店の居抜きだと言う情報は、先ほどの本屋で見ていましたので、迷わずインする事ができました。
入口に小さな看板がありました。

当然ですがカウンター8席の店内は満席です。
少し外で待って、出る客と入れ替わり入ります。
入口を入ると食券を買い席に着きます。
本屋で見た美味しそうな中華そば500円のチケットを購入しました。
しかも500円という格安価格にも衝撃を受けます。

来ました「中華そば」です。
このビジュアル、たまりません。
正直もう見ただけで美味しいのがわかります。
美味しいに決まってます。

うまあああああああああああああ
いや実際もう食べる前から見た目だけで80%美味しいと脳が判断していますので、美味くて当然なんです。
他の客も「美味しい美味しい」と言いながら食べておられます。
しかも、しかもです、ここの店主がめちゃくちゃ感じが良いのです。
謙虚なのです。
商品の見た目が美味しそうで、店主が感じいい時点で90%は美味しいのですから、コラ美味いはずです。
やっぱり見た目は大事なのだという事を、今回再認識致しました。




またイクっ

■麺屋坂本01
住所:東京都北区王子3-8-6
電話:不明
営業:9:00~15:00(9:00~11:00は朝らータイム)、土日祝11:00~20:00
定休:無休
席数:カウンター8席
駐車:なし
交通:東京メトロ王子神谷駅から徒歩7分
HP:https://twitter.com/menyasakamoto01

2018年2月21日水曜日

携帯ケース

人の事なら何でもすぐに気がつくのに、いざ自身の事となるとなかなか気付かないという事はよくあります。
例えば携帯のケース。
どんなに美人でスタイリッシュな人でも、携帯ケースがボロボロだと、非常に情けなく見えてきます。更に「大変なんかな」「お金に困ってるんかな」などと想像してしまいます。
携帯ケースがボロボロで破れかぶれだと、靴下に穴が開いているのと同じ効果があるようです。靴下の穴も相当な貧乏臭い印象を与えますが、携帯ケースも全く同じです。
これはやはり毎日見ているものなので、自分ではなかなかそれが貧乏臭くなっている事には気が付かないのです。
だから時折、自身の携帯ケースも他人から見てどうなのか、人に聞くようにしています。

イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fiのコマーシャルが痛いです、見ていて辛いのです。
イモトという親近感のあるキャラクターを使った事で、一気に使いやすくなったイモトのWi-Fiは、海外へ出かける時は非常に助かるツールなのですが、テレビコマーシャルがなんとも古臭いというか、恥ずかしいというか、見るたびに赤面しそうになるので、ここへ書くことにしました。
序盤から「イモトのイモトのイモトの」とイモト色を前面に押し出したCMソングが流れ、「でも社長の名前は西村さん」というなんとも言えない恥ずかしいオチで締めくくるのです。
今時こういう昭和のオチを使う人は滅多には居ません。なんでだろうの「テツandトモ」ぐらいなもんです。
テツandトモも痛々しくて見ていられないのですが、イモトのWi-Fiのコマーシャルも同様にかなり痛々しいのです。